「クラブハウス」今さら聞けない熱狂のカラクリ

コミュニティ・マーケティング「伝道師」に聞く

有名起業家や芸能人が使いはじめて話題となったアメリカ発の音声SNS「Clubhouse」(クラブハウス)。これまでにない「感染力」を持つ、そのメカニズムを考察します(写真:Bloomberg)
有名起業家や芸能人が使いはじめて話題となったアメリカ発の音声SNS「Clubhouse」(クラブハウス)。参加に必要な招待枠が1人2名分しか与えられないこともあって、SNSに「招待をください!」という投稿があふれるほどの熱狂となり、日本で利用可能となった1月下旬からわずか1週間で認知が20%に達しました(参考:LINEリサーチ)。
これまでにない「感染力」を持つClubhouseについて、メカニズムの分析や今後の見通しについて、元アマゾン ウェブ サービス ジャパンで日本最大規模クラウドコミュニティを立ち上げ、業界では「コミュニティ・マーケティングの伝道師」といわれている小島英揮氏に聞きました。

良質でアクティブな初期ユーザーの獲得

――Clubhouseで今起きている、印象的な出来事について教えてください。

2月1日、テスラ創業者のイーロン・マスク氏がTwitterで「今夜10時にClubhouseに登壇する」とつぶやくと、Clubhouse上のイベント会場であるroomの定員5000人はあっという間に埋まりました。

イベントが開始されると、参加者がroomの内容を中継するroomが次々立ち上がり、数万人が彼の話を聞いたとされています(規約上、roomの内容を中継することは禁止されています)。

日本では、落合陽一氏など著名人、有名経営者、芸能人の主催イベントが次々立ち上がり、そこに別の有名人が参加者として立ち寄り、その場でコラボが成立することもよくあります。

一般人が主催するイベントにも有名人が来て登壇するなど、これまでありえなかったことが普通に起き、それがSNSで拡散されてさらなる熱狂を招いています。

――なぜClubhouseだけがそのような熱狂を生み出せたのでしょうか。1人2枠の招待制を形だけ真似しても同じことが起こせる訳ではないでしょう。全体のメカニズムについて教えてください。

音声メディアは元々注目されていた市場で、拡大する素地があったのも事実です。Clubhouseもアメリカで1年ほど前から試作版が出て巨額の資金調達にも成功しており、スタートアップ関係者には知られていました。

そうして関心が高まっていた中で、日本での利用が可能になりました。ここで「1人2名」の招待枠が効いてきます。2名しか選べなければ、重要な人で、実際サービスを使いそうな人を厳選して誘うでしょう。

初期メンバーの質が高ければ、そこに入りたいと思いますし、アクティブな人の割合が高ければ、新しいメンバーもそれにつられて積極的に活動します。サービスが良いものだと思えば、自分の仲間も誘いたいと思うでしょう。そうして人が人を呼ぶ好循環が回ります。

次ページ「気軽さ」と「安心感」がポイント
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT