ソフトバンクG、10兆円ファンド好調が隠す課題

ファンドの含み益は2兆円に急拡大した

いくらビジョンファンドが好調でも、SBGの保有株式価値に占める割合はいまだ2割に満たない。一方でアリババ株は株価が下がっても半分を占める。これまでも「株価の動きには一喜一憂しない」と述べてきた孫社長だが、会計上の損益よりも保有株式価値を重視しているだけに最大の懸念点だろう。

一方の上場株投資ファンドは、2020年3月に発表した4.5兆円の資産売却プログラムで生まれた余剰資金の運用手段として昨夏に始まったものだ。資産の売却・資金化は結果的に計画を上回り5.6兆円まで進んだ。

孫社長は2020年11月の決算説明会で、「AI革命を支援する会社なのに上場会社は(投資の)対象外だなんて、誰が決めたんだと。私は上場しようがしていまいが、活躍する会社に投資していく」と強い口調で語っていた。だが、今回は決算説明のプレゼンテーションで一言も触れなかった。

明らかな“トーンダウン”

今回の決算で明らかになった12月末時点の上場株投資事業のパフォーマンスは、1000億円強の赤字。中長期の投資とはいえデリバティブ取引などで大きな損失を出している中、今後の投資方針をどう考えるのか。

2020年11月に行われた決算会見では「GAFA」を中心としたアメリカのIT大手など上場株への投資について、孫正義社長が熱く語っていたが・・・(記者撮影)

記者が問うと孫氏は、「『GAFA』のようなエース級の企業に投資するよりも、ビジョンファンドの投資先のほうが(企業価値の)伸び率は大きい。資産売却プログラムの資金使途として優先すべきはビジョンファンドだ。そこで投資するまでの“バッファ”の時間で上場株を運用する」と返答した。明らかな“トーンダウン”である。

ビジョンファンドが大きな利益を出したことで、孫社長はベンチャー企業へのリスクマネー供給に対する熱が再燃したということか。上場株投資は単なるマネーゲームにも見えるが、投資規模はすでに2兆円を超える。いまだに「テスト的運用だ」と孫社長は言うが、その狙いについては投資家などステークホルダーに対する一層の説明が必要だろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT