39歳の早稲田大OBが「お寺コンサル」に見た活路 漫画の聖地の街でもユニークな寺院の取り組み

印刷
A
A

これまで展開してきた活動内容を見てもわかるように、ありとあらゆる分野において、地域社会に新たな可能性を見いだそうとしているかのようだ。

野々部はコロナが終息するまでは次なる構想実現のための準備期間としてSNSを通じてさまざまな発信を続けていくという。

ポストコロナで寺院はどうなるか

今回の取材を通じて、奇妙な接点を発見した。39歳の小久保の父親と、65歳の野々部が大学の同級生だったというのだ。

2人のアプローチの仕方は異なるが、寺院を中核、ハブとして地域社会を活性化させていこうという思いは共通している。ポストコロナの時代に、寺院を舞台にしたどんなドラマが展開されていくのだろうか。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT