富士通の山本正已・新社長--「野副氏の主張は事実に反する」

富士通の山本正已・新社長--「野副氏の主張は事実に反する」

4月8日、富士通の山本正已社長は、前日の野副州旦元社長の記者会見を受けて状況を説明するメールを社員宛に配信した。

山本社長は、昨年9月の野副元社長の辞任時点では当該問題の当事者ではない。そのため新経営陣の元で事件の全容解明を進めることができるのではないか、との期待も一部にはあった。

が、山本社長は「野副氏の発言は事実に反する」と、野副氏と対決する姿勢を鮮明に打ち出し、そのことを社員にも明らかにした点で注目される。

社員向けの説明では以下のようなことが記されている。

「野副氏側は株主代表訴訟の理由として、野副氏自身の辞任によりニフティ株式の売却計画が阻止され、そのため会社が損害を被ったとしています。しかし、会社としてニフティ株式の売却を決定していた事実はなく、野副氏側の主張には事実に反する点、及び同氏自身の過去の発言との相違点が多々あります」。

3月までの経営陣との連続性にも言及した。「間塚会長が3月8日にお伝えしたように、野副氏は、FUJITSU Wayに反する点があったために社長辞任に至ったもの」とあらためて強調。

「野副氏側の主張に対しては今後も毅然として対応してまいります」と対決姿勢を鮮明に打ちだした。

現経営陣が自らの判断で第三者委員会を設置し、野副氏辞任に至る経緯の真相解明に乗り出すことは、期待薄であることが明らかになったと言えるだろう。

■写真は1月の社長交代会見時の山本正已氏(撮影:尾形文繁)

■富士通の株価、業績予想、会社概要はこちら

(東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。