JR西日本、「ドル箱路線」不在で描く収益強化策

北陸新幹線の開業延期、荷物輸送に熱い視線

JR西日本が運行する北陸新幹線W7系(記者撮影)

「JR九州と連携して、山陽・九州新幹線において、九州エリアの特産品を関西圏に輸送する試行を実施する」

JR西日本の長谷川一明社長は1月18日、JR西日本とJR九州が新幹線を使った荷物輸送の共同実証実験を行うと発表した。2021年2月からスタートする。

新幹線を使った荷物輸送はJR東日本が先行している。現在、荷物は車販準備室などの狭いスペースに置いているが、輸送量の増大をにらんで荷物専用車両の開発も視野に入れる。

新幹線による荷物輸送に熱視線

JR西日本は後発となるが、他社と連携する点に新しさがある。今回発表したのは九州と関西、首都圏と北陸だが、中国圏や近畿圏の特産物を新幹線で首都圏に運ぶニーズもありそうだ。

コロナ禍で旅客需要が激減する中、各社は新幹線の荷物輸送に熱い視線を送っている。だが、経営基盤がJR東海やJR東日本よりも脆弱なJR西日本の状況は、より深刻だ。

JR東海は東海道新幹線、JR東日本は首都圏の在来線という「ドル箱路線」を抱える。JR西日本も山陽新幹線や北陸新幹線、関西圏の在来線を運営するが、収益力では東海道新幹線や首都圏の在来線に見劣りする。

東洋経済プラスの連載「鉄道異変」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。同連載では以下の記事も配信しています。
浮かぶ「南海」、沈む「西武」と「近鉄」
JR東日本、巨額赤字でも積極投資のわけ
リニアとコロナ、JR東海を襲う「二重苦」
JR西日本、「不動産の強化」に動く必然
JR九州、「大胆経営」に漂い始めた暗雲
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT