JR東日本、巨額赤字でも積極投資を続けるわけ

2021年3月期の最終赤字は4500億円に落ち込む

横須賀・総武快速線に投入されるE235系(記者撮影)

1月29日、JR東日本の2020年10~12月期決算が発表された。

主力の運輸事業はGo Toキャンペーンなどで11月に息を吹き返したかに思われた。しかし、12月に新型コロナウイルスの感染が再拡大。鉄道の利用者が激減し、鉄道を含む運輸事業の売上高(4~12月)は前年同期比46%減の8206億円に。同事業の営業利益は3312億円の赤字(前年同期は3168億円の黒字)まで落ち込んだ。

3000億円をかけて新線を整備

1月に緊急事態宣言が再発令されたことを踏まえ、2021年3月期の業績見通しも下方修正した。売上高は前期比39.8%減の1兆7730億円、営業損益は5350億円の赤字(前期実績は3808億円の黒字)に。最終損益は4500億円の赤字(前期実績は1984億円の黒字)に沈む。

鉄道業界全体が売り上げの急激な減少に悩んでおり、資金繰り対策として設備投資計画の見直しを余儀なくされた会社も少なくない。ただ、JR東日本はコロナ禍前と同様、設備投資を続けていく構えだ。

1月20日、JR東日本は羽田空港アクセス線の事業許可を国から得たと発表した。同線は、湾岸部にある東海道貨物線の東京貨物ターミナル付近から羽田空港国内線ターミナルまで約5キロメートルの新線を建設し、既存の路線と接続するなどして都心部と羽田空港を直結させる。東京駅方面と結ぶ「東山手ルート」、新宿駅方面と結ぶ「西山手ルート」、新木場駅方面の「臨海部ルート」の3ルートを整備する。

東洋経済プラスの連載「鉄道異変」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。同連載では以下の記事も配信しています。
浮かぶ「南海」、沈む「西武」と「近鉄」
JR東日本、巨額赤字でも積極投資のわけ
リニアとコロナ、JR東海を襲う「二重苦」
JR西日本、「不動産の強化」に動く必然
JR九州、「大胆経営」に漂い始めた暗雲
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT