初期投資40万円でも成功したラーメン屋の秘密

設備はカセットコンロと家庭用IHヒーターのみ

厨房設備の通販サイトをのぞくと、業務用の2口ガス台は安いものでも5万円程度するようであり、茹で麺器にいたっては10万円以上が相場のようです。

いくら何でも、道具がこれだけ違えばラーメンの出来映えにも差がつきそうなものですが、同店はオープンから半年を待たずして固定客をつかみ、店長が十分暮らせる売り上げを維持している、れっきとした専門店です。その秘密については、後ほど触れることにしましょう。

店長の松井諒太さんは24歳。大学時代は「ものを売るスキルを身に付けたい」と営業職を志望し、内定先の中古車店でアルバイトもしていましたが「ありえないほどノルマが厳しい」実情に気づき、卒業直前に内定を辞退。急きょ人材派遣会社に入り直しました。

派遣先の職場は、地元のスマホショップでした。とくにガジェット好きというわけでもなく、ほとんど興味を持てない仕事内容と、神経をすり減らす接客にひたすら耐える日々だったといいます。

ラーメン店開業のきっかけ

そんな松井さんがオフタイムの趣味としていたのがラーメンの食べ歩きでした。近畿圏を中心にあらゆるジャンルのラーメン店を訪れ、年間なんと600杯を食していたそうですから、筋金入りです。

毎回ラーメンの写真にコメントをつけてInstagramにアップしていたところ、開始1年半で200人近いフォロワーがつきましたが、人気ジャンルだけにプレーヤーも多いラーメン界、これだけでは収益化の見通しは立たなかったといいます。

松井さんのインスタグラムには多数のラーメン評が並ぶ(写真:インスタグラムより)

「インスタグラマーとしてスポンサーの目にとまるほどのフォロワー数ではないし、広告収入で稼ぐラーメンYouTuberでは『SUSURU』さんが圧倒的に有名で、とても勝てない。ラーメンライターとしてブログでの実績を認められて店舗のプロデュースに回る人もいますが、僕の場合は文章力に自信がありませんでした」(松井さん)

アウトプットの方法を模索する一方、松井さんは「一度食べたラーメンの味は、すべて記憶にとどめている」と、持ち前の味覚には絶対の自信を持っていました。

あふれるラーメン愛を、行きつけのバーで顔なじみにぶつけたところ「店を開くのに大した資金はいらない。応援するから、会社を辞めてラーメン店を始めては」と思わぬ誘いを受けたことが、今回の開業のきっかけとなりました。

次ページ「30歳までの失敗は、どうってことない」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT