4月に内々定を取れなければ、その後は長くつらい道

4月に内々定を取れなければ、その後は長くつらい道

「当初は4月以前には内々定を獲得するつもりだったが、実際は5月以降になってしまうだろう」(就活学生)。

厳しい就活状況に直面した学生が、予想よりも就活が長引くと意識していることが明らかになった。

人事業務サポートのレジェンダ・コーポレーションの調査によると、就活開始当初は4月以前に就活を終えたいとしていたものの、実際には5月以降にずれ込むと予想する学生が増加していることがわかった。

昨年と比べて平均面接受験社数、内々定率も減少していることから、予想よりも長く険しい就活を覚悟したようだ。

レジェンダが就活を終えたい時期について、就活の開始当初と現在の予想について尋ねたところ、開始当初の予想では「5月以降」と回答した学生が43.7%だったのに対し、現在の予想では56.9%となり13.2%増加している。

また、文理別では、「5月以降」と回答した学生は文系69.5%、理系39.9%となり、文系学生の方が就活を厳しく予想していることが伺える。

3月の平均面接受験社数は3社、昨年同期より3割減

3月の平均面接受験社数は3.06社となり、昨年の4.39社と比べて 30.3%減少している。2月の1.46 社と比べて約2倍に増加しているものの、昨年より状況が厳しいことがわかる。

また、昨年比を文理別で見ると文系は40%減少となり、理系の18.3%減少に比べて大きく減少。文系の学生が面接に進むのに苦戦している状況が伺える。

3月までに内々定を受けた割合は17.3%

3月までに内々定を受けた割合は17.3%となり、昨年同時期の20.5%と比べて3.2%減少となった。昨年比を文理別で見ると、文系は4.6%減少、理系は0.1%減少している。内々定の獲得状況でも文系の方が難しくなっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT