4月に内々定を取れなければ、その後は長くつらい道

4月に内々定を取れなければ、その後は長くつらい道

「当初は4月以前には内々定を獲得するつもりだったが、実際は5月以降になってしまうだろう」(就活学生)。

厳しい就活状況に直面した学生が、予想よりも就活が長引くと意識していることが明らかになった。

人事業務サポートのレジェンダ・コーポレーションの調査によると、就活開始当初は4月以前に就活を終えたいとしていたものの、実際には5月以降にずれ込むと予想する学生が増加していることがわかった。

昨年と比べて平均面接受験社数、内々定率も減少していることから、予想よりも長く険しい就活を覚悟したようだ。

レジェンダが就活を終えたい時期について、就活の開始当初と現在の予想について尋ねたところ、開始当初の予想では「5月以降」と回答した学生が43.7%だったのに対し、現在の予想では56.9%となり13.2%増加している。

また、文理別では、「5月以降」と回答した学生は文系69.5%、理系39.9%となり、文系学生の方が就活を厳しく予想していることが伺える。

3月の平均面接受験社数は3社、昨年同期より3割減

3月の平均面接受験社数は3.06社となり、昨年の4.39社と比べて 30.3%減少している。2月の1.46 社と比べて約2倍に増加しているものの、昨年より状況が厳しいことがわかる。

また、昨年比を文理別で見ると文系は40%減少となり、理系の18.3%減少に比べて大きく減少。文系の学生が面接に進むのに苦戦している状況が伺える。

3月までに内々定を受けた割合は17.3%

3月までに内々定を受けた割合は17.3%となり、昨年同時期の20.5%と比べて3.2%減少となった。昨年比を文理別で見ると、文系は4.6%減少、理系は0.1%減少している。内々定の獲得状況でも文系の方が難しくなっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。