4月に内々定を取れなければ、その後は長くつらい道

4月に内々定を取れなければ、その後は長くつらい道

「当初は4月以前には内々定を獲得するつもりだったが、実際は5月以降になってしまうだろう」(就活学生)。

厳しい就活状況に直面した学生が、予想よりも就活が長引くと意識していることが明らかになった。

人事業務サポートのレジェンダ・コーポレーションの調査によると、就活開始当初は4月以前に就活を終えたいとしていたものの、実際には5月以降にずれ込むと予想する学生が増加していることがわかった。

昨年と比べて平均面接受験社数、内々定率も減少していることから、予想よりも長く険しい就活を覚悟したようだ。

レジェンダが就活を終えたい時期について、就活の開始当初と現在の予想について尋ねたところ、開始当初の予想では「5月以降」と回答した学生が43.7%だったのに対し、現在の予想では56.9%となり13.2%増加している。

また、文理別では、「5月以降」と回答した学生は文系69.5%、理系39.9%となり、文系学生の方が就活を厳しく予想していることが伺える。

3月の平均面接受験社数は3社、昨年同期より3割減

3月の平均面接受験社数は3.06社となり、昨年の4.39社と比べて 30.3%減少している。2月の1.46 社と比べて約2倍に増加しているものの、昨年より状況が厳しいことがわかる。

また、昨年比を文理別で見ると文系は40%減少となり、理系の18.3%減少に比べて大きく減少。文系の学生が面接に進むのに苦戦している状況が伺える。

3月までに内々定を受けた割合は17.3%

3月までに内々定を受けた割合は17.3%となり、昨年同時期の20.5%と比べて3.2%減少となった。昨年比を文理別で見ると、文系は4.6%減少、理系は0.1%減少している。内々定の獲得状況でも文系の方が難しくなっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。