米株続伸、S&P500が過去最高値更新

FOMCの結果を受け、市場に安心感

 6月18日、米国株式市場は続伸。S&P総合500種は終値で過去最高値を更新した。写真はニューヨーク証券取引所(2014年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 18日の米国株式市場は続伸。S&P総合500種は終値で過去最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)が、金利は来年以降、上昇ペースがやや速まるものの、長期的には水準が当初予想を下回るとの見通しを示唆したことが材料となった。

ダウ工業株30種<.DJI>は98.13ドル(0.58%)高の1万6906.62ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は25.61ポイント(0.59%)高の4362.84。

S&P総合500種<.SPX>は14.99ポイント(0.77%)高の1956.98。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

     終値(非公式)    16906.62(+98.13)

前営業日終値    16808.49(+27.48)

ナスダック総合<.IXIC>

     終値(非公式)    4362.84(+25.61)

前営業日終値    4337.23(+16.12)

S&P総合500種<.SPX>

     終値(非公式)    1956.98(+14.99)

前営業日終値    1941.99(+4.21)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。