米株続伸、S&P500が過去最高値更新

FOMCの結果を受け、市場に安心感

 6月18日、米国株式市場は続伸。S&P総合500種は終値で過去最高値を更新した。写真はニューヨーク証券取引所(2014年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 18日の米国株式市場は続伸。S&P総合500種は終値で過去最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)が、金利は来年以降、上昇ペースがやや速まるものの、長期的には水準が当初予想を下回るとの見通しを示唆したことが材料となった。

ダウ工業株30種<.DJI>は98.13ドル(0.58%)高の1万6906.62ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は25.61ポイント(0.59%)高の4362.84。

S&P総合500種<.SPX>は14.99ポイント(0.77%)高の1956.98。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

     終値(非公式)    16906.62(+98.13)

前営業日終値    16808.49(+27.48)

ナスダック総合<.IXIC>

     終値(非公式)    4362.84(+25.61)

前営業日終値    4337.23(+16.12)

S&P総合500種<.SPX>

     終値(非公式)    1956.98(+14.99)

前営業日終値    1941.99(+4.21)

人気記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。