「大切な人との別れ」が辛い人に伝えたい7名言

深い悲しみと向き合っていくためのアドバイス

悲しみと向き合うために役立つ名言をお届けします(写真:Graphs/PIXTA)
旅行中に16歳の娘を失ったマーサ・ヒックマン氏。死別の苦しみを癒す数々のことばを書きとめ、カレンダー形式で1日1句を紹介する書籍『別れを癒す、365日のことば』が、全米で共感を呼んでいます。今回は同書を一部抜粋・再編集し、ヒックマン氏の思いと、2月1日から7日分の言葉を、お届けします。

死別の悲しみを消化するには時間がかかる

大切な人が亡くなっても、最初の数日はお葬式の手配やもろもろの手続きに追われ、悲しみを噛みしめる余裕はありません。友人や親戚は弔問に訪れ、気づかいの電話をくれます。ともに流す涙や抱擁、食事の差し入れ、思い出話が私たちを慰めてくれます。愛と励ましのなかに人々が集う葬儀は支えであり、希望なのです。

しかしお葬式が終わり、友人や親戚が帰ってしまうと、残された私たちはひとりで見知らぬ国に入っていくことになります。そこは、かけがえのない人がひとり欠けてしまった世界です。

心にはぽっかり穴が開いています。昼にも夜にも、穴が開いています。ふとした瞬間に――何度も何度も――喪失の痛みに襲われ、そうなると悲しみしか目に入らなくなります。痛みは大波のようにどっと押し寄せることもありますし、海辺で流木を持ち上げた後のくぼみに海水と砂が満ちるようにひたひたとやってくることもあります。

死別の悲しみを消化するには時間がかかります。亡くなったのが近しい人なら、心が癒えるには数か月どころか、何年もかかります。子どもや配偶者といった特別な人の死は、決して「乗り越える」ことができません。

次ページ悲嘆に振り回される日々はいずれ終わる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT