バイデン新政権の刺激策、1.9兆ドル規模に 

1400ドルの現金給付も盛り込み、14日夜に演説

米紙ニューヨーク・タイムズは、バイデン米次期大統領が14日発表する新型コロナウイルス対策の景気刺激策が1兆9000億ドル規模になる見込みと伝えた。デラウェア州ウィルミントンで昨年12月撮影(2021年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ウィルミントン(米デラウェア州) 14日 ロイター] - 米紙ニューヨーク・タイムズは、バイデン米次期大統領が14日発表する新型コロナウイルス対策の景気刺激策が1兆9000億ドル規模になる見込みと伝えた。

新政権は20日の大統領就任後、景気対策法案の速やかな成立に向け議会と協力する方針。

同紙によると、1兆9000億ドル規模の刺激策には1400ドルの現金給付が盛り込まれる。また、新型コロナワクチンの接種加速に向け民間企業との連携も含まれる見通し。

刺激策の多くは少数派コミュニティーに配分される方針で、政権移行チームの関係者は「十分なサービスを受けていないコミュニティーにかなりの重点が置かれる」と話した。

バイデン氏は14日夜に演説を行う。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT