日本人が知らない中国「AI発展計画」驚きの実態

「コピー大国」から様変わりした中国の今の姿

事例①:AI発展のリード役を目指す北京市

北京市は2017年12月に「科学技術のイノベーションの加速とAI産業の育成に関する指導意見」を公布。国内で最もAI関連企業が集積するアドバンテージを生かし、AI発展のリード役を目指している。

事例②:「世界AI大会」が開催される上海市

上海市も北京市と同時期に「次世代AI発展を促進する実施意見」を発表した。

上海市では2018年から毎夏に世界AI大会が開催されている。世界中からAIリーディングカンパニーや専門家が集まり、AIの発展や課題、世界にもたらす影響などを議論し、また世界に向けて発信しているのだ。

2020年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で初のオンライン大会となった。物理的な制限がないため、世界中から1億人超の参加者を集めたそうだ。上海市が「上海AIラボ」と「AI産業投資ファンド」の新設を公表したり、参加企業によりAIイノベーションセンターが設立されたりするなど、コロナ禍の中でも停滞することなく、例年どおり活発な展開がみられた。

事例③:EC最大手アリババ擁する杭州市

浙江省杭州市は、EC最大手アリババの本社を擁し、デジタルイノベーションの先進地域として知られている。2017年7月に「AIタウン(杭州人工知能小鎮)」の建設に着手した。AI関連企業や人材を誘致し、AI産業の集積地を作る計画だ。

また、産官学連携によるAI研究の推進のためアリババ、浙江省政府、浙江大学が共同出資し「之江実験室」を設立した。

中国を客観的に正しく理解することが必要不可欠

AIだけに限らず中国ではデジタル分野での躍進を続けており、どんどん進化している。しかも、中国国内にとどまらず、日本をはじめとする海外市場に積極的に進出を図っている。

「知彼知己、百戦不殆(彼を知り己を知れば百戦殆〈あや〉うからず)」

中国を客観的に見て正しく理解することが不可欠だ。

中国の変化とイノベーション能力の向上の波をチャンスとして捉え、チャイナテックをはじめとする中国の豊富なイノベーションリソースやアイデア、活力、人材、資金力などを十分に生かす戦略を日本は考えなければならない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT