「米実質金利の低下」で気になる1970年代の教訓

“株式の死"と言われた当時と今の共通点は?

東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の連載「Monthly TREND REPORT」。第14回前編のテーマは、「低ければいいではない実質金利」。北野氏が解説します(詳しくは動画をご覧下さい)。

アメリカの実質金利が下がってきたことが、マーケットの話題になっている。実質金利の低下は、株高やビットコイン価格の上昇をもたらしている、との解説も聞かれる。

上の画像をクリックするとSBI証券「Monthly TREND REPORT」のページにジャンプします

しかし、北野氏は「実質金利の低下がいいことなのか疑問。1970年代は実質金利が低下する中で株価も下がっていた」と指摘し、 “株式の死”と言われた当時の状況を振り返る。

1970年代のどこに注目すべきか、今との共通点はあるのか。キーワードは「インフレ率」だという。詳しくは動画をご覧いただきたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT