「米実質金利の低下」で気になる1970年代の教訓 “株式の死"と言われた当時と今の共通点は?

拡大
縮小
東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の連載「Monthly TREND REPORT」。第14回前編のテーマは、「低ければいいではない実質金利」。北野氏が解説します(詳しくは動画をご覧下さい)。

アメリカの実質金利が下がってきたことが、マーケットの話題になっている。実質金利の低下は、株高やビットコイン価格の上昇をもたらしている、との解説も聞かれる。

上の画像をクリックするとSBI証券「Monthly TREND REPORT」のページにジャンプします

しかし、北野氏は「実質金利の低下がいいことなのか疑問。1970年代は実質金利が低下する中で株価も下がっていた」と指摘し、 “株式の死”と言われた当時の状況を振り返る。

1970年代のどこに注目すべきか、今との共通点はあるのか。キーワードは「インフレ率」だという。詳しくは動画をご覧いただきたい。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT