「米実質金利の低下」で気になる1970年代の教訓

“株式の死"と言われた当時と今の共通点は?

東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の連載「Monthly TREND REPORT」。第14回前編のテーマは、「低ければいいではない実質金利」。北野氏が解説します(詳しくは動画をご覧下さい)。

アメリカの実質金利が下がってきたことが、マーケットの話題になっている。実質金利の低下は、株高やビットコイン価格の上昇をもたらしている、との解説も聞かれる。

上の画像をクリックするとSBI証券「Monthly TREND REPORT」のページにジャンプします

しかし、北野氏は「実質金利の低下がいいことなのか疑問。1970年代は実質金利が低下する中で株価も下がっていた」と指摘し、 “株式の死”と言われた当時の状況を振り返る。

1970年代のどこに注目すべきか、今との共通点はあるのか。キーワードは「インフレ率」だという。詳しくは動画をご覧いただきたい。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT