下に厳しく上しか見ない「ヒラメ上司」撃退術

360度評価で炙り出す管理職が気づかない問題

この結果を、ヒラメの上司に見せれば

「あなたは5点つけてますけど、ほかの人はみんな1点ですよ」

「評価しているのは、あなただけですよ」

と、ヒラメの上司にもプレッシャーをかけることができます。

実は360度評価の「本当の主役」はヒラメの「上司」なのです。ちゃんと見てないことが、如実に表れるからです。

360度評価は、私の会社にも問い合わせが多く、たくさんの企業が導入しています。ヒラメ管理職の対処法としても大変有効な方法です。

怖いほうに立ち向かっていくのが長い目で見たら得する

下に厳しく、上にへりくだる。ヒラメ管理職は、いつの時代もいますし、いなくなりません。

会社に限らず、「客だから」「お金を払っているんだから」と言って、タクシーの運転手さんに厳しく当たる、飲食店でいばり散らすなど、立場の弱い人に対してひどい態度を取るような人は、そもそも人間としてダメでしょう。

本当に偉い人ほど、誰に対しても、きちんと挨拶するなど、公正な態度を取っているものです。

そういう態度は、必ず誰かが見ています。

上には厳しく、下には寛容に。目指すべきは、こちらでしょう。

怖いほうへ怖いほうへ立ち向かっていったほうが「あの人は、上に対しても、ちゃんとモノを言う人なんだ」と評価され、長い目で見たらトクです。

それで左遷されても責任は取れないので、あくまで私の個人的な意見ですが、上に意見して冷遇されるような会社なら、辞めたほうがいいです。ヒラメの温床になるような組織では、安心して働くことはできません。

世の中には、社長に逆らったとか、異議申し立てをした社員でも、クビにせず、逆に評価してくれる会社もたくさんあります。そういう会社を見つけましょう。

下に厳しく、上にへりくだる社員は、どんな組織にも必ずいますが、周りもみんなわかっています。気づかないのは本人だけ。いつか必ず報いを受けます。

早急に解決したい場合は、人事に相談して、組織サーベイや360度評価を実施し、白日のもとにさらしましょう。それが会社のためにもなります。

アルファポリスビジネスの関連記事
「人材育成」が上手な人と下手な人の決定的な違い!
会社が掲げる「企業理念」が、実は劇的に重要な理由
人事がこっそり教えるリモート時代の「社内人脈」のつくり方
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT