ネット帝国主義と日本の敗北 搾取されるカネと文化 岸博幸著

ネット帝国主義と日本の敗北 搾取されるカネと文化 岸博幸著

今やインターネットは、社会のあらゆる局面で不可欠な存在になった。それにより世の中は格段に便利になった反面、それが引き起こす社会的問題はかなり深刻だ。その問題とは、一つは民主主義を支えるインフラであるジャーナリズムと社会の価値観を形成する文化が衰退しつつあること、もう一つはインターネットでの米国の世界支配だ。

グーグル、アマゾンなどに代表される米国ICT企業に対し、ヨーロッパ各国政府による国家の威信をかけた抵抗が始まっている。

このままでは、いつも政策を間違い続ける日本だけがカネと文化を搾取されてしまう、とマスメディア、コンテンツ産業に詳しい著者が警鐘を乱打する。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。