ネット帝国主義と日本の敗北 搾取されるカネと文化 岸博幸著

ネット帝国主義と日本の敗北 搾取されるカネと文化 岸博幸著

今やインターネットは、社会のあらゆる局面で不可欠な存在になった。それにより世の中は格段に便利になった反面、それが引き起こす社会的問題はかなり深刻だ。その問題とは、一つは民主主義を支えるインフラであるジャーナリズムと社会の価値観を形成する文化が衰退しつつあること、もう一つはインターネットでの米国の世界支配だ。

グーグル、アマゾンなどに代表される米国ICT企業に対し、ヨーロッパ各国政府による国家の威信をかけた抵抗が始まっている。

このままでは、いつも政策を間違い続ける日本だけがカネと文化を搾取されてしまう、とマスメディア、コンテンツ産業に詳しい著者が警鐘を乱打する。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT