仲良し夫婦が「相手にイラついた時」にすること

夫婦の衝突を救う「優しさのあめ玉」という存在

毎朝決まった時間になると、スマホのけたたましいアラームで起こされる。いつも同じメニューの朝ごはんと冷凍食品を駆使した弁当を夫につくってやり、どうせすぐヨレヨレになるとわかっている化粧を雑に施し、慌ただしく身支度を整えて仕事へ向かう。帰宅したら、弁当のおかずの残りと納豆ごはんをかき込み、四角い部屋をまあるく掃いたあとは、ウンウン唸りながら締め切りがとっくに過ぎた原稿と向き合う。

そうこうしているうちに夜ごはんの支度をする時間になり、あっという間に夫が帰ってくる。お腹を満たしたら、お風呂に入って汗を流し、明日のことを考えて眠る。

その合間には、毎週楽しみにしているテレビ番組を観たいし、好きな漫画の新刊が発売されたら読みたいし、推しの深夜ラジオを聴きたい。お風呂上がりにはコンビニで買ったアイスを食べたい。季節が変われば新しい服を買いに行きたい。友達とだって遊びたい。なにもせず、ボーッと過ごす時間もほしい。やらなくちゃいけないこと、やりたいことが溢れている毎日は、とてつもなく目まぐるしいのだ。

わかっている、わかっているけれど

そんな生活の中で、我慢の限界に達するほどのよっぽど大きな出来事で、それもどうしても譲れない部分ではない限り、お互いの価値観がどうのこうのなんて、そんな面倒くさいことやってられっかよ。

わざわざ膝を突き合わせるような話し合いの場を持たないまでも、「ねぇねぇ、靴下が丸まったままカゴに入ってたよ~。ちゃんと戻してから入れてくれるとすっごく助かるな」とやさしく言えたら、それでいい。

わかっている、わかっているけれど。サボればサボるほど、どんどん積み重なっていくやらなくてはいけないこと。それらをなんとかこなすために必要不可欠なやりたいこと。

あっという間に過ぎ去る時間と、変化を感じながらも繰り返す毎日。
 簡単には直らない、染みついた生活習慣。

それらが輪になってわたしを取り囲み始めると、やさしさも、気遣いも、かわいげも、すべて宇宙の彼方へ飛んでいく。

いや、前にも言ったよね? 何回同じこと言えばいいん? いい加減にしや! 丸まったまま洗ってきれいにならなかった、くっさいくっさい靴下を履いて仕事に行くの、あんたも嫌やろ? なんかわたし間違ったこと言ってるか? 言ってないよな? ああん!?

次ページ丸まったままカゴに入れられた靴下を見たら…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT