仲良し夫婦が「相手にイラついた時」にすること

夫婦の衝突を救う「優しさのあめ玉」という存在

何度も「ええか! やさしさのあめ玉やで! 忘れたらアカンで!」としつこく念押しされ、「肝に銘じておきまーす!」と勢いよく返事をしたものの、やっぱりなんだかよくわからない。

架空の飴玉? だんだん必要になってくる? なめたらイライラがおさまる?――

気づけば、結婚してまる3年。今なら、彼女の助言の意味がよくわかる。「夫婦は一番近い他人」とはよく言ったもので、育った環境の違う、すでに自我が形成された大人同士がともに生活を営めば、多少なりともイラッとする瞬間はある。

価値観の相違から、喧嘩に発展することだって、当たり前にあるだろう。「結婚するなら価値観が同じ人がいいよね」なんて幻想を口にする人もたまに見かけるが、そんな相手はこの広い地球のどこを探しても存在するわけがないと思っている。せいぜい、似たような価値観を持った人、多様な価値観を持つ中でも共通する部分が多い人、程度だろう。

もちろん、わたしと夫も価値観が同じわけではない。それでも、ありがたいことに運がよく、「万が一、価値観に大きなずれが生じた場合、きちんと話し合いができて、都度擦り合わせをしようとする価値観」を共通して持っていたため、なんやかんや上手くやれている。

どれもこれも、大したことじゃない

わたしは夫を世界で一番愛しているし、「こういうところが嫌だ、許せない」などと、人格の根底を揺るがすような壁にぶち当たったことはこれまでに一度もない。でも、ごくまれに、こう、どうしようもなくイラッとすることがほんの少しだけある。

汚れ物が溜まった洗濯カゴの中にひっそり隠れている、丸まったまま脱ぎ捨てられた靴下。翌朝に出される、前の日に職場に持って行った空の水筒。洗い物カゴに放置された食器を片づけてくれるのはとても助かるが、いつもと違う場所にしまわれていて、つかおうとするたびに探す羽目になる菜箸。

どれもこれも、大したことじゃない、ほんとうに些細なこと。
 どうしたって生活の中に生まれてしまう、小さな習慣の違い。

でも、この小さなイライラが出てくるたびに「ちょっとこの部分の価値観が合わないな~。よし、ちょっくら膝を突き合わせて価値観を擦り合わせるために話し合いでもしますか!」なんてことは、いちいちやってられない。わたしは、忙しいのだ。

次ページ膝をつき合わせて話すほどヒマじゃない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT