米国の経済成長、第2四半期は急加速か

卸売在庫の伸び率、市場予想を大幅に上回る

 6月10日、4月の米卸売在庫の伸びは、市場予想を大幅に上回った。写真はシカゴ近郊の百貨店で2013年9月撮影(2014年 ロイター/Jim Young)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米商務省が10日発表した4月の米卸売在庫は前月比1.1%増と、市場予想の0.5%増を大幅に上回った。米経済成長が第2・四半期に急速に加速するとの見方を支える内容となった。

国内総生産(GDP)の算出に用いられる自動車を除く在庫は1.1%増加した。

在庫の積み増しペース鈍化が一因となり、第1・四半期の米GDP改定値は前期比年率1.0%減と、3年ぶりのマイナス成長となった。

第2・四半期のGDPについては、3%を越える伸びになることが見込まれているが、卸売在庫の堅調な増加を受け、見通しが上方修正される可能性もある。

4月の卸売在庫は、電子機器や金属などの強い伸びに押し上げられた。

4月の卸売売上高は前月比1.3%増と、市場予想の0.8%増を上回った。自動車や家具、電子機器、機械などの増加が目立った。ただ、前月の1.6%増からは、伸びは鈍化した。

対売上高在庫比率は1.18カ月と、前月から変わらず。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。