米国の経済成長、第2四半期は急加速か

卸売在庫の伸び率、市場予想を大幅に上回る

 6月10日、4月の米卸売在庫の伸びは、市場予想を大幅に上回った。写真はシカゴ近郊の百貨店で2013年9月撮影(2014年 ロイター/Jim Young)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米商務省が10日発表した4月の米卸売在庫は前月比1.1%増と、市場予想の0.5%増を大幅に上回った。米経済成長が第2・四半期に急速に加速するとの見方を支える内容となった。

国内総生産(GDP)の算出に用いられる自動車を除く在庫は1.1%増加した。

在庫の積み増しペース鈍化が一因となり、第1・四半期の米GDP改定値は前期比年率1.0%減と、3年ぶりのマイナス成長となった。

第2・四半期のGDPについては、3%を越える伸びになることが見込まれているが、卸売在庫の堅調な増加を受け、見通しが上方修正される可能性もある。

4月の卸売在庫は、電子機器や金属などの強い伸びに押し上げられた。

4月の卸売売上高は前月比1.3%増と、市場予想の0.8%増を上回った。自動車や家具、電子機器、機械などの増加が目立った。ただ、前月の1.6%増からは、伸びは鈍化した。

対売上高在庫比率は1.18カ月と、前月から変わらず。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。