「婚活がうまくいかない人」に欠けている視点

会ったばかりで「恋人気取りの男性」に違和感

今回は、「婚活の厳しさを知ったときにやるべきこと」をお伝えします(写真:hanack/PIXTA)
「いい人がいたら結婚をしたい」と思っている人たちは、多い。しかし、普通に生活をしていて、いい人には出会える機会はなく、歳だけを重ねてしまって焦って婚活市場に飛び込んでくる人たちがいる。婚活を始めてみて知るのが、婚活の厳しさだ。
仲人として婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしている連載。今回は、「婚活の厳しさを知ったときにやるべきこと」について記したい。

30代で「自然に出会っての結婚」は難しい

半年前に入会してきた初美(仮名、39歳)は、これまで婚活らしい婚活をしたことがなかった。入会面談のときに、こんなことを言っていた。

この連載の一覧はこちら

「普通に生活している中で自然に出会った人と自然に恋愛をして、結婚をすることが理想でした」

これまでに、2人の男性と付き合ってきたという。

「1人は、大学のときにインカレサークルで出会った、ほかの大学に通う2つ上の男性でした。もう1人は、29歳のときにあるグルメサークルで知り合った6歳上の人。大学時代の彼は、向こうが都内の会社に就職をして、その1年後に関西の支社に転勤になったあたりから、疎遠になり自然消滅をしました。

グルメサークルで知り合った人は、私が30歳になって、結婚という言葉を出したら、振られました。『僕は、結婚に興味がないし、こうやって付き合っているだけじゃダメなのかな。もし結婚したいなら、相手は僕じゃないね』と。なんだかすごいショックで、以来、そのサークルからも足が遠のいて、彼と連絡も取らなくなりました」

30歳でフリーになったけれど、自然に生活しているうちに、また付き合う男性が現れるだろうと思っていた。しかし、気づいたらもう30代が終わろうとしていた。

「30代を振り返ってみると、20代の頃とは明らかに周りの環境が違っていました。知り合いの男性で“すてきだな”と思う人は、結婚しているか彼女がいるかだし、35歳を越えたあたりから、合コンのような飲み会にも誘われなくなった。自然に生活していたら出会いがないんだと痛感したんです」

次ページ「婚活をしよう」と思ったきっかけは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT