「婚活がうまくいかない人」に欠けている視点

会ったばかりで「恋人気取りの男性」に違和感

そのときのことを初美はこんなふうに振り返った。

「なんかそのときの冷酷な薄笑いを見て、背筋がゾッとしたんです。この人と結婚してもしも私が彼を怒らせたら、どんな仕返しをされるのかと思ったら、急に怖くなりました」

そして、この交際終了をした数日後に、面談したいと申し入れてきた。

自己否定をしないことが、婚活成功の秘訣

「婚活を始めたら、すぐに結婚できると思っていたんですが、思っていたよりもずっと難しいんですね。私、もしかしたら結婚不適合者なのかもしれません」

初美は、すっかり自信をなくしていた。そこで、私は言った。

「最初は、誰もが初美さんと同じで、婚活すれば簡単に結婚ができると思っているんですよ。だからこそ出会えないと自信をなくしてしまう。でも、婚活にとっていちばん大切なのは、マインド設定なんです。出会えると思って、活動をしていくことが大事なの。気持ちが後ろ向きになると、相手を見る目も曇ってくるし、どんなにいい出会いをしても、相手のいいところが見えなくなっていく。負のスパイラルに陥るんです」

これは、婚活がうまくいっていないすべての人たちに言いたいことだが、まずは自己否定をしないことだ。

「私は、自分のことが好きじゃない」と言う人がいる。そういう人は、自分を好きになることから始めてほしい。自分のことが嫌いな人を、他人が好きになってくれるはずがない。

そして、仮交際の期間中は、相手の人柄を知る期間だと思って気持ちを楽にして臨むといい。「この相手と結婚できるだろうか」ということにとらわれすぎると、相手をジャッジする目がどうしても厳しくなるからだ。もっと肩の力を抜いて、お付き合いを楽しむようにしてほしい。

20代の頃は苦労なく恋愛ができたのに、30歳を過ぎたら厳しくなった。そう思っている人たちも多いだろう。これは、なぜなのか。周りに独身者が大勢いたこともあるのだが、若いときにはまだ考え方が柔軟で、人の嫌なところが今ほど目につかなかったからではないか。積み上げられた知識や経験で、人は人間的な厚みをつけていく。だが一方で、いいもの悪いものを選別する目もできてしまい、頑固になっていく。

初美にもこの話をして、続けた。

「だからね、肩の力を抜いていきましょう。 きっと、大丈夫!」

婚活で、出口の見えないブラックボックスに迷い込んだ人たちは、この言葉を自分に言い聞かせてほしい。

きっと、大丈夫! 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT