「1日500個完売」名古屋人気スイーツの正体

名古屋コーチンの卵を使った「ぴよりん」

名古屋土産定番の「ういろう」を凌ぐ人気スイーツ「ぴよりん」を知ってますか?(写真:ジェイアール東海フードサービス)

ひと昔前、名古屋ではお土産に持っていくのは重たくてかさばるものがよしとされてきた。「何となく高価そうに見える」という見栄っ張りの名古屋人気質を表したものだが、やはり、贈る相手に喜ばれるものを選びたい。

名古屋駅構内では数多くのお土産が売られている。定番のういろうや最近では小倉トーストを模したサブレなどが人気らしい。しかし、それらを凌ぐ大人気のスイーツがある。生菓子なので購入当日に消費せねばならないが、1日約500個、週末ともなれば約800個が完売するという。

「ぴよりん」の生みの親に聞く誕生秘話

それが、名古屋駅構内にある「なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ」と「ぴよりんshop」、「カフェ ジャンシアーヌ」で販売している、ひよこ型のスイーツ「ぴよりん」だ。

通常の「ぴよりん」(380円)と「イチゴぴよりん」「チョコぴよりん」(各430円)の3種類を用意(筆者撮影)

人気の秘密は、つぶらな瞳と見るからにやわらかそうなモフモフのカラダにキュンキュンするからだけではない。粉末状にしたスポンジの中にはバニラが香るババロア。さらにその中には名古屋コーチンの卵を使った濃厚な味わいのプリンが入っている。スイーツとしてもかなり完成度が高いのである。

ぴよりんが誕生したのは、2011年7月。その約1年前から製造元であるジェイアール東海フードサービス(以下、JFS)でプロジェクトは進行していたという。J F Sは、名古屋駅構内やJRセントラルタワーズ、JRゲートタワーで飲食店を運営しており、名古屋名物になる商品を開発すべく、女性パティシエ2名と男性社員2名の計4名でプロジェクトチームが結成された。

次ページぴよりん誕生のきっかけとなった、あるひと言
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT