ユーロ高は、終わったのか

敏腕アナリストが分析する為替相場

マイナス金利導入を発表するECBのドラギ総裁(ロイター/アフロ)

なぜECBはマイナス金利と信用緩和策を決定したのか

5月ユーロ圏HICP(消費者物価指数)は、速報値が前年比プラス0.5%と4月の同プラス0.7%から一段と減速した。こうした「ディスインフレ懸念」に対し、6月5日のECB理事会では、利下げや各種の信用緩和策が決定された。

政策金利については、主要政策金利であるリファイナンス金利を0.25%から0.10%へ、上限金利である貸出ファシリティ金利を0.75%から0.40%へ、下限金利である預金ファシリティ金利を0.00%からマイナス0.10%へと、それぞれ引き下げた。ドラギ総裁は記者会見で政策金利が「事実上の下限に達した」と述べている。

今回の決定ではマイナス金利の導入が注目されたが、ECBは5日のプレス・リリースで導入の理由を詳しく説明している。ECBは「長期にわたってユーロ圏のインフレ率がプラス2%を大幅に下回り続けると見込まれている」としたうえで、マイナス金利は「ユーロ圏の安定成長に必要な条件であり、中期的な物価安定を確実にするために講じた措置の一環である」とした。

こうした利下げに加え、ECBは様々な信用緩和策も発動している。具体的には、(1)「的を絞ったLTRO(Targeted Long-Term Refinancing Operations; TLTRO)」、(2)固定金利・全額供給方式による資金供給オペの2016年末までの延長、(3)SMP(証券市場プログラム)の不胎化オペの停止が決定された。

次ページ今後のユーロ相場はどうなるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。