元宝塚トップが語る「威厳より共感」の後輩指導

紅ゆずるさんが体育会系の星組を導いた足跡

元宝塚歌劇団星組トップスター・紅ゆずるさん登場! 体育会系の星組を導いたトップスター時代のお話をうかがいました(写真:Domani編集部)
現役時代は、前回ご登場いただいた綺咲愛里さんと「べにあー」(もしくは「パッサァ」)コンビとして星組を牽引した元トップスターの紅 ゆずるさん。様々な魅力を持つスターがひしめき合う宝塚歌劇の中で、個性を武器に熱いステージを観せてくれました。今回は、星組トップスター時代のお話をうかがいます。

真剣な気持ちをぶつけ合って、心に届くステージに!

今回ご登場いただくのは、元星組トップスター・紅 ゆずるさん。実は綺咲愛里さんのほか、七海ひろきさんや柚希礼音さんからもご紹介いただいていたのです。その際はスケジュールが合わなかったのですが、このたびついにお話をうかがうことができました。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

紅さんといえば、自分のカラーをお持ちの元トップスター。タカラジェンヌさんはそれぞれ個々の魅力がありますが、紅さんは、予想の上を行くと言うか予想のできない個性を発揮されていたように思います。トップスター時代のこと、星組のこと……退団した今だから聞けることを、盛りだくさんでお届けします。

──綺咲愛里さんから紹介をいただいてのご登場となりました。綺咲さんとは星組生え抜きのトップコンビでしたが、どんな関係でしたか?

紅さん(以下敬称略):今年の10月13日が退団1周年でしたので、一緒にスカイツリーに行きました。そのあと私の行きつけのレストランに行って記念日をお祝いしました。

「とっても仲がいいですね」と言われますし、それは事実なのですが、トップコンビになる前まではそこまで同じ方向を向いていなかったと思います。それでも、2015年の『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』が転機になる第一歩だったように感じます。

それまでは、彼女にとって私という存在は怖い上級生だったのではないかな?と思います(笑)。彼女はきっと役がついてくる子だと思ったので、芸事だけではなく、周りの人たちの気持ちも理解できるような人になってほしくて私の気がつく範囲ですが彼女に細かく伝えてきました。

次ページ揺るがない絆は一生の宝物
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT