白井芳夫・日野自動車社長--中国では地道に台数を伸ばしたい


数年内に100カ国に進出

中国での体制作りにメドがつけば、次のマーケットも目指していく。アフリカ諸国、カザフスタンなど中央アジア諸国は、これからインフラが整備されていく地域であり、今後のトラック需要拡大が見込める。現在、日野は70カ国でトラックを販売しているが、アジアや中南米の中でまだ進出していない国に広げていけば、12~13年までには100カ国になることが見通せる。しかし、いすゞ自動車は120~130カ国で販売しており、トヨタは170~180カ国。まだまだ進出できていない国はたくさんある。

海外進出の基本は、まず現地のニーズに合った商品を出していく。そして販売店をきちっと選んで、育てていく。その2つの組み合わせが重要だ。先行している競合他社と差別化する意味からも、品質を重視し、1台1台大事に売っていく必要がある。量での勝負ということはなかなかできない。もちろん欧米の競合他社などと比べ、規模の面で劣ることは承知しており、どこかで量を追わなければ、勝てないビジネスになるかもしれない。が、今は質の勝負だと思っている。

ありがたいことに当社にはトヨタグループの一員であることのアドバンテージがたくさんある。販売面では、トヨタ車の販売店にトラックを売ってもらうことができる。技術の面では、ハイブリッドシステムに関しては、トヨタと6割ぐらい共有化できている。このアドバンテージをしっかりと生かすことで、まだまだ成長していくことが可能だ。

関連記事>>>「耐久性」で需要を開拓する日野自動車、カギは独自販売網の整備《中国を攻める》

■日野自動車の業績予想、会社概要はこちら


(週刊東洋経済2010年3月27日号)

しらい・よしお
1948年生まれ。73年、北大大学院工学研究科修士課程を修了し、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。商品開発に携わる。同社専務を経て、2007年に日野自動車副社長に就任。08年6月から現職。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT