サッポロ、「極ZERO」販売終了の波紋

酒税116億円を追加で支払う可能性も

「極ZERO」は昨年6月の発売から今年4月までに累計2億本(350ミリリットル換算)を売り上げた。これに上乗せ分の酒税49円を掛けると約100億円。5月までの製造分を勘案すると、サッポロHDの試算では追加で116億円の酒税支払いが必要になる可能性がある。同社の2014年12月期の最終利益見通しは50億円であり、追加支払い分を特別損失に計上すれば、利益はたちまち吹き飛ぶ。

6月4日の会見でサッポロビールの尾賀真城社長は、「『極ZERO』は現行の税率区分(発泡酒にスピリッツを加えたもの)に該当するものと認識している。ただ、今後の検証の結果、該当しないと判明した場合、多くのお客様やお取引様にご迷惑をおかけすることになるため、自主的に終売を決定した」と説明した。

6月4日の会見で販売終了の経緯を説明した尾賀社長(右)。肝心なところは分からずじまい。

会見では、自主検証のポイントや、具体的に何が問題なのかについて、繰り返し質問が出た。しかしながら、「原料となる発泡酒の製造方法で、国税当局から照会を受けている。それ以上は製品開発上の営業秘密のため説明できない」(時松浩取締役)と言うばかりだった。

販売計画は変更せず

13年12月期、サッポロビールの総販売数量5200万ケース(大瓶換算)のうち、「極ZERO」は昨年6月の発売から7カ月で360万ケースを売り上げた。今期の計画は550万ケースで、2月には中味とパッケージをリニューアルしたばかり。「黒ラベル」、「ヱビス」、第3のビール「麦とホップ」に続く第4の柱として育成を図っていたところだった。

次ページ結局、「極ZERO」は何者か?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。