サッポロ、「極ZERO」販売終了の波紋

酒税116億円を追加で支払う可能性も

今年に入ってからも、1月~5月で「極ZERO」は270万ケースを売り上げる好調ぶり。暑さが増すこれから、いっそうの販売増が見込まれていた。そうした中、1カ月の販売休止は痛い。7月からは製造方法を一部見直して、第3のビールではなく発泡酒として再発売する。となると、第3のビールとの税額差分である約20円分(350ミリリットル換算)値上がりするため、販売ペースの失速は免れない。

実際、会社側も7月以降の販売が従来の見通しよりも2割ほど落ちるとみている。ただ、今期の年間計画は当初の550万ケースから変えていない。前半の売れ行きが予想以上に好調だったため、後半の落ち込み分をそれで補えると見ているからだ。

カギ握る検証結果

尾賀社長は会見で、「いろんなことが起こるのが常。変化をいい方に持って行けるよう、前向きにとらえたい」と話したが、株式市場の反応はシビアだった。翌5日、サッポロHDの株価は前日比で6.6%下落、30円安の426円となった。追加の酒税支払いで損失が出る可能性が嫌気されたのだろう。

今のところ、「極ZERO」は”身元不明”のまま。サッポロHDでは「なお検証作業を慎重に進めているところ」と説明する。果たして、酒税法上、何に分類されるのか。その結果次第で、業績には大きな影響が及ぶ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。