ECBが初のマイナス金利導入

融資促進策など景気下支えへ

 6月5日、ECBは主要政策金利のリファイナンス金利を0.25%から0.15%に引き下げた。写真は昨年11月フランクフルトのECB本部で撮影(2014年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 5日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は5日、低インフレからの脱却とユーロ圏経済の下支えに向け、一連の対応策を打ち出した。

具体的には、主要政策金利のリファイナンス金利を0.1%ポイント引き下げ、過去最低となる0.15%とした。

また、中銀預金金利をゼロ%からマイナス0.10%に引き下げた。マイナス金利の導入は初めて。上限金利の限界貸出金利も0.75%から0.40%に引き下げた。

さらに融資促進を目指し、金融機関に対して期間4年・4000億ユーロ(5448億6000万ドル)の資金供給オペを行うことを決めた。

今回、大規模な資産買い入れによる量的緩和(QE)の決定は見送られたものの、ドラギECB総裁は必要であればさらなる措置を講じると強調。理事会後の記者会見で「われわれは今や全く異なる世界にいる。それは低インフレとぜい弱な回復、金融・信用力の弱体化だ」と語った。今回の決定は全会一致によるものとも述べた。

その他、固定金利でのオペ全額供給の継続、中小企業への支援を目的とした資産担保証券(ABS)買い切りオペに向けた準備を行うことも決まった。

ロイターがまとめた調査では、エコノミストは主要政策金利が0.10%に引き下げられると予想していた。中銀預金金利のマイナス0.10%への引き下げは予想と一致した。

ECBの発表を受けてユーロは対ドル

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。