カングーが「賛否両論の大変身」を行った理由

2021年の発売を前に見えた新型カングーの全貌

発売時期は、カングー/エクスプレスともに2021年春の予定だとアナウンスされている。エクスプレスのワゴンは「欧州以外で販売」と書かれていることから、ワゴンは欧州ではカングー、それ以外がエクスプレスとして販売するという棲み分けがなされるのかもしれない。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

生産は、カングーが従来どおりフランスのモブージュ、エクスプレスはモロッコのタンジールにあるルノー工場で行われる。エクスプレスは、フランスよりも人件費の安い地域へと生産施設を違えることで、価格競争力を高めていることが想像できる。

日本へは従来どおりカングー・ワゴンのスタンダードボディが輸入されるだろう。パワートレインは新型ルーテシアと同じ、1.3リッター直列4気筒ターボエンジンとDCT(デュアルクラッチ・トランスミッション)の7速EDCになると考えられる。これまでもラインナップされ、好事家の間で好評を博してきたMT仕様もラインナップされる可能性もある。

カングーのメインマーケットゆえに

発売のタイミングは、多くの輸入車が本国発表後、数カ月から長いものでは1年前後かかるのが通例だが、新型カングーはその平均よりも早いのではないかと期待を抱いている。

というのも、我が国はカングーのメインマーケットの1つで、現行型の主力である1.2リッター4気筒ターボと6速EDCの組み合わせは、日本のために開発され、世界で最初にデリバリーされているほどだからだ。

日本をメインマーケットの1つとした2代目カングー(写真:ルノー)

ルノー日産アライアンスが20年以上続いたことで、ルノーのエンジニアがひんぱんに我が国に滞在し、日本の輸入車やカングーに対するニーズ、道路事情といった経験を帰国後にフィードバックしていることが大きい。

シャープになったデザインについて賛否があるのはたしかだし、同じフランス生まれのシトロエン「ベルランゴ」やプジョー「リフター」という同カテゴリーのライバルもいよいよ日本で発売されたが、カングーは地の利(?)を生かし、今回の新型モデルも根強い支持を集めるのではないかと予想している。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT