モナカジャンボが寒くても売れ行き落ちない訳

真夏にチョコも売れ、消費鉄則が崩れてきた

「チョコモナカジャンボ」と「バニラモナカジャンボ」(写真:森永製菓)

「コロナ禍で消費生活が大きく変わった」

「“巣ごもり消費”で食品が好調」

最近こうした話もよく紹介されるが、食品の中には、この10年で1.3倍に伸びて5000億円規模となった「アイスクリーム」市場(※)がある。特に全国各地の小売店で買える「家庭用アイス」は100円程度の商品が多く、手軽なおやつとして消費者の人気が高い。

※家庭用と業務用のアイスクリーム・氷菓のメーカー出荷額。日本アイスクリーム協会調べ。

その業界平均を大きく上回るのが、森永製菓の「チョコモナカジャンボ」だ。1972年発売の“アラフィフ”ブランドで、単品では売り上げ首位。19年連続で売り上げ拡大が続く。

今回は、伸び率では業界随一の姉妹ブランド「バニラモナカジャンボ」(2011年エリア限定、2012年全国発売)と合わせて「モナカジャンボ」と呼び、好調な秘訣や消費者意識を探ってみた。

アイスを「朝」や「日中」に買う人が増えた

「コロナ禍の影響は日本中が外出自粛となった今年4月から数字に表れました。アイス業界は“マルチパック特需”が起き、今年4~7月の市場全体は対前年比約102.9%(インテージデータ)。『チョコモナカジャンボ』『バニラモナカジャンボ』はさらに好調です」

「モナカジャンボ」(同社社内ではジャンボグループと呼ぶ)を担当する村田あづささん(森永製菓 マーケティング本部 冷菓マーケティング部)はこう説明する。

ちなみに「マルチパック」とは複数の個数が紙箱や袋に入ったもの。これは想像つくだろうが、単品は業界で「ノベルティー」と呼ばれる。

「マルチパックの伸びは、例えば小学生のお子さんがいる家庭なら、外出自粛期にご両親がリモートワークとなり、子どもも通学できない『家族で在宅』が続いたからだと思います。

それだけでなく、購入時間帯にも変化が出ていました」

どういうことか。

「これまで目立たなかった『9時~11時』『13時~14時』に買う人が増え、逆に19時以降は減ったのです。喫食シーンも変わりました。コロナ以前は帰宅後に食べることが多かったのが、在宅勤務で仕事中の“ながら食べアイス”をする人も増えています」(村田さん)

次ページなぜ「寒くても売れる」のか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT