大人女子が「100均のコスメ」を買いまくる必然

安かろう、悪かろうのイメージから脱却図る

100円ショップコスメの人気はダイソーだけではない。同じく100円ショップのセリアでも、その需要の高まりを感じているという。同社の商品部の担当バイヤーである田海氏は「お客様の『トレンドをプチプライスで試したい』というニーズに応えられる商品企画を行っている」と語る。

そのため世界のトレンドアイテムが参考となるケースが多く「水で膨らむ3Dパフ」や「涙袋用アイシャドウ」などをいち早く商品化したという。

また最近ではネイル製品に注力している。特に新型コロナ禍のステイホームでネイルサロンに通うことができず、自宅で楽しむ機会が増えたことで消費者の関心も高まっているようだ。

「韓国で流行している『貼るジェルネイルシール』は、爪に貼るだけで複雑なデザインネイルが楽しめる人気商品の1つ。また街のネイルサロンで施術すれば数千円かかるジェルネイルも『筆付きのポリッシュタイプで使いやすい』と好評の声をいただく。定番カラーからトレンドカラー、ラメ入りカラーなどラインナップも豊富に販売している」(田海氏)。

ネイルをするなら「セリア」を目指す

またジェルネイルにはパーツやスティックなどの用具も必需品で、そういった製品もメーカーと共同開発を行っており、「『ネイルをするならセリア』を目指している」という。

これらの人気も、やはりSNSが火付け役だ。「SNSの話題により、同じ商品を探しに来店されるお客様もいらっしゃる。とくに100円ショップにはテスターなどのサンプルがないので、使用感のイメージを確認するツールのひとつにもなっているようだ」(田海氏)。

低価格コスメへの支出は今後も増えるかもしれない。アットコスメが10月に行った化粧品とライフスタイルに関する調査によると、新型コロナの影響により、メイクへの支出が「とても減った」または「減った」と答えた人は全回答の53.7%にも上った。

一方でメイクへの関心が減ったと答えた人よりも、関心が増えたと答える人のほうが多いという調査結果も示されている。消費者はSNSを通じた情報収集でより賢い買い物を行っているが、これからは低価格の商品が受け入れられるようになることで、化粧品全体の価格競争も激化するかもしれない。100均ショップのコスメも、より他社との差別化が必要になってくるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT