大人女子が「100均のコスメ」を買いまくる必然

安かろう、悪かろうのイメージから脱却図る

セリアやダイソーなどの100均コスメが注目を集めています。写真は、ダイソーのU R GLAM(写真:ダイソー提供)

100円ショップの化粧品が人気だ。SNSでは口コミや情報が飛び交い、100円コスメだけでフルメイクを行うYouTuberの動画も多くの視聴を集める。その人気ぶりにメディアも特集を組むほどだが、なぜここまで注目を浴びているのか。

とくにSNSで話題となったのが、ダイソーが2019年から販売するブランド「U R GLAM SEXY AND HEALTHY MAKEUP (ユーアーグラム セクシーアンドヘルシーメイクアップ、以下U R GLAM)」だ。

製販元のドゥ・ベストと共に開発したブランドで、ダイソーで専売している。大創産業の広報の後藤晃一氏はこの開発経緯について「ダイソー全体でお客様の化粧品に関するニーズが高まっていた。『U R GLAM』を立ち上げたことで、化粧品の売り上げも好調を維持している」と語る。

手軽にトレンドを試せる

ブルーミングアイカラーパレット(写真:ダイソー提供)

「U R GLAM」は「クール&シャープで大人なイメージのメイクアップ」というコンセプトで、他ブランドとの差別化も図ろうとしている。

ブランドを担当する土居沙織・化粧品担当バイヤーによると、ターゲット層は10〜20代だ。

しかし実際にはさらに上の年齢層による口コミ投稿も多い。これまで学生向けと見られてきた格安コスメが、大人世代にも受け入れられているのだ。

人気の理由は主に3つあるようだ。

理由1:安くトレンド商品を試したいというニーズ

土居氏によると、製品はさまざまな点でこだわりを持って作られた。「粉質、発色といった品質はもちろん、ラインナップの展開の多さや、高見えするパッケージにこだわった。またお客様の声をはじめ、世界のトレンドなども意識した幅広い視野でアイデアを取り入れるとともに、実用性を兼ねた商品開発を行っている」(土居氏)。

製品はカラーメイクからツールに至るまで幅広く、とくに人気の高い「ブルーミングアイカラーパレットシリーズ」は100円でありながら9色のアイシャドウがセットされたパレットだ。

こういった多色をセレクトするアイシャドウパレットは世界的に人気が高く、韓国やアメリカの製品でも多く開発されているが、1000円を切る商品は少ない。土居氏は「チャレンジしやすい価格と豊富なカラーで、少しでもメイクを通して楽しさを提供したい」と語る。

理由2:口コミによる人気の拡大

100円ショップのコスメブランド名が有名になること自体が珍しいが、ダイソーでは大規模なプロモーションは行わず、SNSや消費者間の口コミを通じて人気が伸びていったという。

次ページ口コミが伸びた背景
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT