「イクメン」が、成長戦略の先兵だった!

女性の社会進出は、GDPを約1.5%押し上げ

柚木氏と同じく「イクメン議連」の共同代表を務める公明党の谷合正明参院議員は8歳、6歳、4歳、1歳の4児の父親。同氏が注目するのは、地方における出生率の高さだ。「実は日本で女性の社会的進出率が高いのは、山形県、島根県、富山県、福井県など地方。これらの県は出生率も高い。反対に、東京都や神奈川県、大阪府など都会での女性の社会的進出率も出生率も低い」。

その理由はどこにあるのか。「住職近接なので、女性が仕事をしながらも育児の時間がとりやすいのではないか。おじいちゃんやおばあちゃんと同居していることで、安心して面倒をみてもらうことができる。都市部では通勤時間が長いし、子どもの面倒を見てくれる近親者もいないケースが多い。これでは子どもを産む気持ちになりにくいのもわかる」(谷合氏)。

一方で地方からの人口流出はゆゆしき問題だ。「中央公論」6月号誌上で、東京大学客員教授(元総務相)の増田寛也氏と「日本創世会議・人口問題検討分科会」が作成した提言書、「消滅する市町村523~壊死する地方都市」が発表され、話題になっている。これについて谷合氏はこう述べる。

「いびつな形の人口構成を改めるため、まずは地方に若者を定住させることが急務。そのためには仕事の環境を変え、地方に住むことのメリットを実感してもらわなくてはいけない。父親が残業で子どもが寝てから帰宅する社会より、親が子どもと一緒に夕食をとれる社会の方が、はるかにまともだ」

子どもと食事をするために早く帰ろう、保育園に迎えにいかなければならない、という風に思えば、仕事の効率は高まる。実際に時間当たりの生産性は、日本が41.6ドルに対し、多くの男性が育児休暇をとるノルウェーでは81.5ドルにも上っている。

女性の割合が多いと利益率も高い

「さらに女性を活用する企業ほど、利益率が高いというデータもある。倒産率も20%ほど低く、リスクマネジメントの上でも女性を活用するのは重要だ」と柚木氏は語る。

谷合氏もこれに同意する。「農業生産法人もそう。女性の役員の割合が高いほど、企業収益がいいという傾向がある」。

そもそも安倍晋三首相は「女性の活用」をうたい、「指導的地位に占める女性の割合を、2020年までに30%程度にする」という政府目標をたてている。柚木氏らは2つの「2030運動」を展開しようとしている。

その第一は、2020年までに男性の育児休業取得率を30%に押し上げようというもの。現在の政府目標は13%だが、これはすでに厚労省内では達成しており、次なる目標をかかげている。「私は昨年3月15日の衆院厚生労働委員会で田村憲久大臣に質問した際、大臣は『2020年までに(省内で)30%を目指せ』と指示した」と答弁した。もともと田村大臣はイクメン議連の自民党の共同代表だったので、我々の主張したいところは素早く理解してもらえたようだ」(谷合氏)。

もうひとつの目標は、政治家に占める女性の割合を30%まで上げること。
「世の中の半分は女性。経済分野でも政治分野でも、女性が経営にもっと進出すべきだ。まずは2020年までに30%が目標。私たちは安倍首相の『女性の活用』を先んじ、発展させていきたい」(柚木氏)。

女性が活躍する社会が実現されれば、日本は大きく変わることになるだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT