「地頭力を鍛える」ためのフェルミ推定の活用法

例題:日本全国の道路の合計距離は何㎞か?

フェルミ推定の基本プロセスは、「アプローチの設定」→「モデルの分解」→「計算の実行」→「現実性の検証」です。このプロセスには、地頭力を駆使する場面が随所にあり、3つの思考力を鍛える地頭力トレーニングのツールとなります。

例題:「日本全国の道路の合計距離は何kmか?」

まずはこの問題にどのように対処するか、そのポイントを3点示します。

1. すぐに検索に頼るのではなく、知っている知識や情報だけでなんとかする
2. 正確性よりも「ざっくりと全体像を描く」ことを意識する
3. それでも「算出根拠」を明確にする

ざっくりと解法の一例を示せば、以下のようなやり方が考えられます。

・日本の総面積を推定し、それを(道路の密度が違う)都会と郊外に分ける(知っていればそのまま使い、知らなければ、東京―大阪間など知っている距離から日本を長方形で近似することで算出する。さらに東京―大阪間を知らなければ、知っている身近な区間の距離や新幹線の速度と時間等から・・・・・・と、とにかく粘って何とか算出する)
・単位面積(例えば1平方キロ)当たりの道路の長さを仮定する(例えば郊外は1㎞単位、都会は100m単位の「格子状」とする)
・上記より実際の数値を算出する
(出所:筆者作成)

このフェルミ推定をする際に「仮説思考力」「フレームワーク思考力」「抽象化思考力」の3つの思考力が駆使されているのです。

「結論から考える」仮説思考力

仮説思考とは、以下のような思考パターンのことです。

・いまある情報だけで最も可能性の高い結論(仮説)を想定し、
・つねにそれを最終目的地として強く意識して、
・情報の精度を上げながら検証を繰り返して仮説を修正しつつ最終結論に至る

では、フェルミ推定でいかに仮説思考力を鍛えるか。

次ページポイントは3点
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT