「生活のために働く人」が多い会社の行きつく先

会社が掲げる「企業理念」が実は劇的に重要な訳

企業理念は、一般的に「ミッション」「ビジョン」「バリュー」に分解されます。

ミッションとは、「使命」です。世の中にどのような価値を提供するのか、どのように貢献するのかという、その会社の使命を表すものです。

Googleであれば「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすること」。Facebookなら「コミュニティーづくりを応援し、人と人がより身近になる世界を実現すること」です。

ビジョンは、どうありたいか、どうなりたいかを示す「目標」や「方向性」です。

Yahoo!は「世界でいちばん、便利な国」というビジョンを掲げ、「買いたいものが、すぐ手に入る。知りたいことが、すぐわかる。世の中を便利にすればするほど、人はもっと自由に、人生はもっと豊かになる」と、会社が目指す具体的な方向性を示しています。

バリューは、「価値観」「あり方」「姿勢」などを示す行動指針です。

メルカリは「新たな価値を生み出す世界的なマーケットプレイスを創る」というミッションを実現するために「Go Bold(大胆にやろう)」「All for One(すべては成功のために)」「Be a Pro(プロフェッショナルであれ)」という3つのバリューを大切にしています。

どの企業も、理念と商品やサービスが密接につながっており、ミッション・ビジョン・バリューの実現こそが、社員の働く目的になっています。

会社とは本来、理念を実現する場所

企業理念とは、ただ壁にかかっているものではなく、その会社が世の中にどういう価値を提供するのかを示すものです。会社とは本来、その価値を一緒に提供するために集まった、理念を実現する場所のはずです。

理念と目的がつながり、みんなが同じ方向を向いている組織は強いです。そういう会社で「働く目的は何ですか?」と質問すると、理念に関する言葉が自然に出てきます。

社員みんなが理念に共感し「一緒に実現していこう!」という状態になると、働く目的が明確になるので、誰もが高いモチベーションを持つことができます。

「何のためにこの仕事をやってるんだっけ?」「こんなことして意味あるんだっけ?」と悩んだりすることもなくなります。働く目的が「生活」や「お金」のためだけだったら、仕事はつらいものにしかならないのではないでしょうか?

だからスターバックスでもディズニラーランドでも、理念を浸透させる教育を徹底的に行っているのです。

次ページなぜ理念が重要なのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT