現役が優位?来春の「東大入試」志願者の動向

新テストやコロナが勉強時間などに影響する

新テストと新型コロナの影響で、大学受験に異例の事態が起きている。写真は東大駒場キャンパス (撮影:吉崎洋夫) 
来年春の東大入試はどうなるのか。新テストの実施に加えて、新型コロナウイルス感染のリスクもあり、受験者心理に大きな影響を及ぼしている。駿台予備学校と河合塾が最新の模試データをもとに、志願動向を分析。合格のためのヒントを探る。

現役生と浪人生との成績が拮抗しているワケ

「過去に例のない事態が起きています」

こう言うのは、駿台教育研究所進学情報事業部の石原賢一部長だ。受験では一般的に浪人生のほうが偏差値は高い。しかし、今年は現役生と成績が拮抗(きっこう)している、または現役生のほうが成績がよくなっている教科があるという。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

文科系(文科類)の志願者では、英語で現役生の偏差値が1.2ポイントも浪人生を上回った。地理を除く、数学、国語、日本史、世界史で現役生と浪人生の差が縮小し、国語と数学ではその差は1ポイントもない。文一と文二では現役生と浪人生の差はほぼないという。理科系(理科類)では、すべての科目で差が縮小。英語では1.5ポイント、国語では0.1ポイント、現役生の偏差値が上回った。

背景にあるのは今回の入試から実施される新テストと、新型コロナの影響だ。新テストを避け、浪人せず進学した受験生が多かった。その結果、今年は浪人生が少ない。また、高校は新型コロナの影響で部活動や体育祭、文化祭を自粛、中止。その結果、受験勉強に費やす時間が増えたと見られる。

「東大を目指す層は、勉強するのが好き、苦ではない。自粛の中、家で勉強をしてきた成果が出ているのでしょう。今の3年生は英語外部試験が導入されるとして英語に力を入れて学んできた世代。とくにリスニングで現役生の強さがうかがえる」(石原部長)

浪人生も自粛の影響で予備校などの指導を十分に受けられず、伸びしろを残していると言われている。気の抜けない展開と言えそうだ。

次ページ科類別の志願動向は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT