中国の対米自動車関税、WTO違反認定

USTRフロマン代表は「重大な勝利」

 5月23日、WTOは中国の自動車輸入関税は貿易ルールに反しているとの米国の訴えを認める判断を下した。写真は2012年6月、大連の港湾施設で(2014年 ロイター)

[ワシントン 23日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)は23日、中国の自動車輸入関税は貿易ルールに反しているとの米国の訴えを認める判断を下した。

米通商代表部(USTR)のフロマン代表は記者会見で「(WTOの判断は)重要な勝利だ」と述べた。

中国は2011年、米自動車メーカーは政府から補助金を得て中国市場に輸出しているとして、排気量2500CC以上の米国製乗用車に対し最大21.5%の制裁関税を課していた。米国は適切な手続きを踏まずに課税したとして、WTOに提訴していた。

問題の関税は昨年12月15日に期限切れとなり、中国は課税を停止した。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。