中国の対米自動車関税、WTO違反認定

USTRフロマン代表は「重大な勝利」

 5月23日、WTOは中国の自動車輸入関税は貿易ルールに反しているとの米国の訴えを認める判断を下した。写真は2012年6月、大連の港湾施設で(2014年 ロイター)

[ワシントン 23日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)は23日、中国の自動車輸入関税は貿易ルールに反しているとの米国の訴えを認める判断を下した。

米通商代表部(USTR)のフロマン代表は記者会見で「(WTOの判断は)重要な勝利だ」と述べた。

中国は2011年、米自動車メーカーは政府から補助金を得て中国市場に輸出しているとして、排気量2500CC以上の米国製乗用車に対し最大21.5%の制裁関税を課していた。米国は適切な手続きを踏まずに課税したとして、WTOに提訴していた。

問題の関税は昨年12月15日に期限切れとなり、中国は課税を停止した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。