中国の対米自動車関税、WTO違反認定

USTRフロマン代表は「重大な勝利」

 5月23日、WTOは中国の自動車輸入関税は貿易ルールに反しているとの米国の訴えを認める判断を下した。写真は2012年6月、大連の港湾施設で(2014年 ロイター)

[ワシントン 23日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)は23日、中国の自動車輸入関税は貿易ルールに反しているとの米国の訴えを認める判断を下した。

米通商代表部(USTR)のフロマン代表は記者会見で「(WTOの判断は)重要な勝利だ」と述べた。

中国は2011年、米自動車メーカーは政府から補助金を得て中国市場に輸出しているとして、排気量2500CC以上の米国製乗用車に対し最大21.5%の制裁関税を課していた。米国は適切な手続きを踏まずに課税したとして、WTOに提訴していた。

問題の関税は昨年12月15日に期限切れとなり、中国は課税を停止した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT