11月以降、日米の株価はジワジワ上昇しそうだ

今の市場は「不思議の国のアリス」に似ている

ただ、郵便投票分を含める前に各州で大差がついてしまえば、結果には影響しない。両候補の支持率が比較的接近している、接戦州(=スイングステート)は「6州ある」との見解が有力だが、そのなかで投票日以降の郵送票も有効としているのは、ノースカロライナ1州しかない。

もちろん、トランプ大統領が大差で敗北しても「不正投票だ!」などと難癖をつけて訴訟に持ち込み、ホワイトハウスでパイプ椅子を振り回して出ていかない、といった茶番ならぬプロレスになってしまうのではないか、とのジョークはアメリカで聞かれる。それでも来年1月20日の現政権の期限までに選挙結果が決着しない、という事態までは想定しがたい。

11月以降の日米株価は、じわじわと上昇力を高めそう

こうした観点からは、日米とも株価は、7~9月期の企業収益の持ち直しを確認し、アメリカ大統領選挙も結果が固まることで、不透明感が薄らぎそうだ。そのため11月以降の株価は、世界的な経済と企業収益の緩やかな回復基調に沿って、これまでのボックス圏からの上放れへと、歩を進めると予想している。

ただし、これまでの景気の持ち直しの背景には「リベンジ消費」(経済活動が凍結されていた間に、消費を楽しめなかった分を、一気に復讐(リベンジ)する消費行動)や、給付金などによる景気支持策の効果などがあった。

そうしたプラス効果が薄らぐことで回復の勢いが衰える、あるいは一部の経済指標に反落するものも混じってくる、という状況になりそうだ。とすれば、日米等の株価がボックス圏を上に離れても、一気の上昇とはなりにくく、「二進一退」でじわじわと水準が切り上がるような展開ではないだろうか。今年末の日経平均株価の居所としては2万4000円前後、来年6月末は2万6000円程度を予想している。

結局のところ、投資家としては、ドタバタすることなく、株式の個別銘柄や株式ファンドなどを買い持ちして、おいしいお茶でも味わいながら、のんびりと株価の上昇を待っていればよいのではないだろうか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT