米新規失業保険申請件数、32.6万件

依然7年ぶりの低水準近辺に

 5月22日、米労働省は5月17日終了週の新規失業保険週間申請件数が前週比2万8000件増の32万6000件となったと発表した。写真は2009年3月、ニューヨークで(2014年 ロイター/Mike Segar )

[ワシントン 22日 ロイター] - 米労働省が22日発表した5月17日終了週の新規失業保険週間申請件数は、前週比2万8000件増の32万6000件となった。予想の31万件以上の増加となったものの、7年ぶりの低水準近辺にとどまっており、米労働市場の改善が継続していることが示された。

労働市場のすう勢をより正確に示すとされる4週間移動平均は前週比1000件減の32万2500件。ただ、約1カ月前の4月12日終了週からは1万0500件の増加となる。

労働省は当該週には申請件数に影響を及ぼす特別要因はなかったとしている。

2007年5月以来の低水準となった5月10日終了週の申請件数は当初発表から1000件増の29万8000件に改定された。

10日終了週の受給総数は1万3000件減の265万3000件。

エコノミストの間では、申請件数が累積的に減少していることは雇用増の加速を示している可能性があるとの見方も出ている。ただ、4週間移動平均は約1カ月前の水準と比べると3%程度高い水準にあり、5月は雇用増のペースが鈍っている可能性もある。

4月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比28万8000人増加。エコノミストの間では雇用者数は年内は平均20万人のペースで増加するとの予想が出ている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。