米新規失業保険申請件数、32.6万件

依然7年ぶりの低水準近辺に

 5月22日、米労働省は5月17日終了週の新規失業保険週間申請件数が前週比2万8000件増の32万6000件となったと発表した。写真は2009年3月、ニューヨークで(2014年 ロイター/Mike Segar )

[ワシントン 22日 ロイター] - 米労働省が22日発表した5月17日終了週の新規失業保険週間申請件数は、前週比2万8000件増の32万6000件となった。予想の31万件以上の増加となったものの、7年ぶりの低水準近辺にとどまっており、米労働市場の改善が継続していることが示された。

労働市場のすう勢をより正確に示すとされる4週間移動平均は前週比1000件減の32万2500件。ただ、約1カ月前の4月12日終了週からは1万0500件の増加となる。

労働省は当該週には申請件数に影響を及ぼす特別要因はなかったとしている。

2007年5月以来の低水準となった5月10日終了週の申請件数は当初発表から1000件増の29万8000件に改定された。

10日終了週の受給総数は1万3000件減の265万3000件。

エコノミストの間では、申請件数が累積的に減少していることは雇用増の加速を示している可能性があるとの見方も出ている。ただ、4週間移動平均は約1カ月前の水準と比べると3%程度高い水準にあり、5月は雇用増のペースが鈍っている可能性もある。

4月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比28万8000人増加。エコノミストの間では雇用者数は年内は平均20万人のペースで増加するとの予想が出ている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT