NY原油先物価格が2%安、再び先安感が台頭

リビアの生産増見通しや需要減退の懸念強まる

米国時間の原油先物は約2%下落した。リビアの原油供給が急増するとの見方や欧米の新型コロナウイルス感染再拡大に伴う需要への懸念が背景。写真は2019年9月撮影(2020年 ロイター/Christian Hartmann)

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米国時間の原油先物は約2%下落した。リビアの原油供給が急増するとの見方や欧米の新型コロナウイルス感染再拡大に伴う需要への懸念が背景。

リビア国営石油会社(NOC)は主要港からの原油輸出に関する不可抗力条項を解除すると発表。産油量は4週間以内に日量100万バレルに達するとした。

みずほのエネルギー先物担当責任者、ボブ・イエガー氏は「NOCの発表を受け、市場が急落した」と述べた。

清算値は、米WTI原油先物<CLc1>が0.79ドル(1.9%)安の1バレル=39.85ドル。北海ブレント先物<LCOc1>が0.69ドル(1.6%)安の41.77ドル。

週間では米WTI先物が2.5%、北海ブレントが2.7%下落した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT