「アクションカメラの英雄」は1億ドルをどう使う?

カメラメーカーのゴープロ社が株式上場へ

野村総合研究所の調べによると、世界の消費者向けビデオカメラ市場(FAカメラ、車載カメラ等は含まず)は成熟しており、2010年の2200万台から2011年1920万台、2012年1500万台と縮小している。この中で、「GoPro HERO」を中心とするアクションカメラ市場は拡大傾向。ソニーは「アクションカム」、JVCケンウッドは「スポーツカム」のブランドで参入するなど、従来のビデオカメラメーカーもこの市場に力を入れている。

こうした中、今回の上場によって最大で1億㌦を調達するゴープロ社の狙いはどこにあるのか。

販売数量は伸び悩み

まず、ゴープロ社はここ数年の倍増近い本体販売数量の拡大が今後も続くとは考えていない。開示資料のリスクファクターの中でも、「近年の成長率は将来のパフォーマンスを示すものではない」と明言している。そのため、単純な販売数量拡大へ向けた投資用途だけが目的はないことは明らかだ。

カメラ本体の性能向上による販売増と同時にゴープロ社が目指しているのは、新たなビジネスの育成だ。その視線の先には、映像コンテンツ販売を中心としたメディア事業の本格展開がある。

ゴープロ社はサーフィンなどアクションスポーツのプロ選手を始め、ミュージシャンや著名人など世界で120人以上と契約を結び、スポーツ大会を中心に年間90ものイベントをスポンサードしている。たとえば、トリノ大会、バンクーバー大会の2期連続で冬季オリンピック金メダルを獲得したスノーボードのショーン・ホワイト選手も契約選手の一人だ。

このような活動を通じた映像コンテンツを生かし、ゴープロ社はヴァージンアメリカ航空やマイクロソフト社のXbox向けに、スポーツを中心とした映像コンテンツの提供を行っている。今後はこのような映像コンテンツの提供先をさらに増やしていく計画だ。

また、YouTubeに一日平均6000件ものアップロードがあるという、一般ユーザーが「GoPro」で独自で撮影した膨大なコンテンツの活用にもビジネスチャンスを見いだしている。

ビデオカメラ市場でアクションカメラという新ジャンルを確立し、急成長を続けるゴープロ社。ナスダック市場への上場を足がかりに、カメラ本体の販売に加えて映像コンテンツ販売のメディアビジネスを軌道に乗せることができるか。38歳の若き創業社長、ニコラス・ウッドマン氏の経営手腕に注目が集まる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。