鬼滅の刃、JR東&九州が「リアル無限列車」で競演

注目ポイントは東日本が客車内、九州は機関車

9月29日から白い特急列車885系が博多―長崎間、博多―大分間、10月12日から青い特急列車883系が博多―佐伯間を走っている。どちらも12月28日までの予定だ。

885系に描かれた鬼滅の刃のキャラクター(記者撮影)©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

885系は6両編成の各車両に主要キャラクターが大きく描かれている。883系は4〜5号車にキャラクターがラッピングされている。どちらも12月まで運行する。博多駅に入線した885系の前では、多くのファンがお気に入りのキャラクターを次々とカメラに収めていた。

さらに、11月1日からは「SL人吉」号をキャンペーン仕様にした臨時列車「SL鬼滅の刃」が熊本から博多に向けて運行する。

通常は熊本―人吉間を運行するSL人吉が熊本から博多に向かって運行するのは極めて異例だ。熊本から博多へはディーゼル機関車DE10が後ろから押して運行する。なお、博多から熊本へは回送列車となり、ディーゼル機関車が前から引っ張って走行する。

鬼滅の刃と九州の縁は深い

人吉号に使われるSLは大正期に製造された8620形と呼ばれるタイプで、通常装着する「58654」というプレートに代わって、今回は劇場版に登場するSLと同じ「無限」というプレートを付けて走る。

SL人吉号の8620形は鉄道ファンの間で大人気。無限列車のモデルともいわれる(記者撮影)

劇場版公開のタイミングから少し遅れての走行は、「熊本―博多間で走行させるのが初めてであったため、社内外の調整が必要となり、最短で運行できる11月より運行開始となった」(JR九州)という。

今回の企画が持ち上がったのは今年5月。JR九州の側から製作サイドに提案したという。福岡県太宰府市にある「宝満宮竈門神社」や大分県別府市にある「八幡竈門神社」が主人公の名字の由来ではないかとファンの間で語られているほか、SL人吉で使われる8620形は無限列車のモデルだというのがファンの間での定説だ。このように鬼滅の刃と九州の関係性はいくつもある。

鬼滅の刃は2016〜2020年に『週刊少年ジャンプ』で連載され、2019年のアニメ化で人気が爆発。主題歌の「紅蓮華」はその年のNHK紅白歌合戦でも歌われた。今年に入ってからも、コロナ禍による外出自粛中にネット配信で「一気見」するファンが続出、その人気がさらに広がった。

コロナ禍はまだ収束していないが、政府も「Go Toトラベル」キャンペーンで観光を後押ししている。この機会に群馬と九州、2つの「無限列車」を乗り比べしてみてはいかがだろうか。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT