野村総合研究所はこうして紙を無くした! 野村総合研究所ノンペーパー推進委員会著

野村総合研究所はこうして紙を無くした! 野村総合研究所ノンペーパー推進委員会著

最先端のシステムインテグレーターとして社内のIT化も進んでいたにもかかわらず、オフィスは紙だらけ。使用するOA用紙は何と年間1億枚、関連総コストは実に年間10億円。本書はそんな首都圏でも屈指の「紙」使用企業だった野村総合研究所の4年間にわたる「ノンペーパー」活動の記録だ。

試行錯誤の末、同社がたどり着いたのは紙にとらわれない働き方こそが、労働集約的なホワイトカラーの働き方を効率的なものに変えていくという発想だった。オフィスから紙をなくすことで机に依存しない働き方が可能になり、ワークスタイルの自由度も高まる。ノンペーパーがもたらすワークスタイルイノベーションの入門書でもある。

アスキー新書 780円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。