10月相場は「Octoberサプライズ」になるのか

「強気継続」だが、やっぱり気になることがある

前回の「日経平均しか見ない投資家が見逃す重要な真実」で取り上げた日経500種平均株価は、ついに史上最高値を更新した。そして予想通り、売りか買いかの対立する2つの見方が出た。しかし「史上最高値更新」は投資家にとって大きな希望の光となったことは間違いない。

さて当面の相場はどうなるか。2日に出たアメリカの9月雇用統計は予想以上に伸びを欠いた。新型コロナウイルス感染の勢いが再拡大していることに実体経済が押されている。

ハイテク株の趨勢が今後を決める

その意味で5日に発表される米9月のISM非製造業景況感指数には注目だ。製造業よりもダメージが大きく、回復も鈍い非製造業の実態が大きく低下しているなら、大統領入院という、株式市場にとって極めて稀な不確定要素と相まって、波乱の種になりかねない。

また、前述の7日の副大統領候補テレビ討論会も非常に重要だ。「負けたのはアメリカ国民だ」と言われ、ひどい結果になった大統領候補テレビ討論会よりも、こちらの方が面白い対決かもしれない。共和党と民主党の真の対立点がはっきりして、大統領選の趨勢を決めるかもしれない。

コロナ禍の新しい世界情勢はハイテク株人気に映し出されるだろう。つまりハイテク株の象徴であるナスダック総合指数が世界の株価の趨勢を決めると思っている。9月2日の史上最高値1万2056ポイントを超えることができるか、史上最高値のままで終わるのか。

大統領の容体情報が錯綜する中で、正念場の10月相場が進んでいく。コロナ対策で放出されたマネーは、当然のことながら株価対策にもなっており、大きな下げはないと考える筆者の基本観は変わらない。だが、投資家の時間軸を超えた調整がないとは言えない。ここは焦らず冷静に見ていきたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT