東証、1日の立会内市場で「全銘柄約定成立せず」 結局システム障害で売買は終日停止状態のまま

印刷
A
A
 東証によると、立会内市場では全銘柄について約定は成立しておらず、売買停止までの間に受け付けた注文は、すべて明日以降の売買には引き継がれない。写真は東証のロゴ、1日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 1日 ロイター] - 東京証券取引所は1日、システム障害により同日の立会内取引とToSTNet取引で全銘柄の売買の終日停止したことに関連し、同日の取引状況について説明した。東証によると、立会内市場では全銘柄について約定は成立しておらず、売買停止までの間に受け付けた注文は、すべて明日以降の売買には引き継がれない。

ToSTNet取引に関しては、午前8時56分までに受け付けた注文は、約定が成立しているという。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT