テレビ報道の現場を覆う「身分制社会」の不条理

ニュース番組の「エース」でさえもこの扱い

筆者は1990年代半ばから25年近くにわたってノンフィクション系の番組制作に携わってきているが、民放各局のニュース・ドキュメンタリー番組の制作現場は、番組制作会社やフリーランスのテレビマンたちのおかげで成り立っているといっても過言ではない。

人員の数でいっても局員の比率はさほど高くないし、ましてや仕事の経験値的には、優秀な外部のスタッフ抜きでは番組を制作するのは不可能だと思う。

「エース」が局員ストの尻ぬぐい

そんな彼らが、局員に比べて異常に安い報酬で「やりがい詐欺」のような形で働かされている現状が、改善される兆しはまったくない。Cさんはこう語る。

「たまに局員たちがストライキをすることがあります。組合の指揮の下、ニュース番組の局員スタッフが現場からいなくなるのです。そうしたストの日でもニュースはなくならないので、結局われわれ外部の人間が、局員のいない分の穴を埋めてたくさん働かなければならなくなります。

あれが昔から私はどうにも納得がいきません。私たちよりはるかにいい給料で働いている局員たちの待遇改善のストライキで、なぜ私たちが彼らの尻拭いをしなければならないのですか? どう考えても、あれは謎の習慣です。

よく局の労組の人が『君たちの待遇改善も要求項目に入ってるから』と言うのですが、いつわれわれの待遇が改善されたというんですか?『君たち制作会社の人間の立場もわかる』とか言う局員が、私はいちばん信用できません」

そして今、彼ら「ニュース・ドキュメンタリー番組を支える職人たち」を苦しめているのは、待遇の悪さだけではない。むしろ、このままではニュース特集やドキュメンタリー番組を制作し続けられなくなるのではないかと職人たちが憂いているのは、その制作環境の急速な悪化だ。

いったい今、何が起きているのか。後編で詳しくお伝えしたい。

本連載「テレビのミカタ」では、匿名であなたの置かれている現状を語ってくれるテレビ関係者からの情報・相談を募集しています(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT