デジタル庁が「打上花火」にならない為の処方箋

個人や国家の「自己決定」菅政権は何ができるか

デジタル庁は菅義偉首相の「国家」や「個人」のいかなるビジョンを実現するための組織なのか(写真:ロイター/Toru Hanai)

菅政権が誕生し、「デジタル庁」の新設が休日返上で進められている。

安倍晋三・前首相の後継と目されていた岸田文雄氏や、最後まで「国民」からの支持が自民党支持者も含めて高かった石破茂氏。そのいずれもをまったく寄せつけない圧勝を見せたのは、安倍・前首相の「女房役」だった菅義偉氏であった。

ただ、自民党総裁選の演説のどれを見ても、菅氏のビジョンは見えてこないと感じた。どのような国家を形成するのか。菅氏はいったいわが国特有の国民性をどう捉え、そして、そんな生身の人々の集合体から、どうやってわが国の市民社会の「個人」概念を設定するのか。これらの問いには、何らの答えが与えられていないように思える。「自助・共助・公助」というスローガンも、もはや批判するだけの内実さえないのではないかと思えるほど、「熱」が伝わってこないのだ。

その中でも、菅氏は、国家観やビジョンの一段下の各論的な政策の1つとして、「デジタル庁」の創設を掲げている。わが国におけるいわゆる「デジタル」と「デモクラシー」の関係はいかに捉えたらいいか。ハンコを不必要にすることや、「いい加減、PDFで文書管理しよう」といったことは議論するまでもなく「ただ単にやればよい」話であって、デジタル・デモクラシーにおける国家的アイデンティティを問われている。

拙著『リベラルの敵はリベラルにあり』でも、この点はデータ・グローバリゼーションの文脈と、もはや“暴力的”ともいえる現代データ社会の荒波で日本がとるべき舵取りと、AIによって“先回りされる”個人について、論じている。

「自己決定」などおずおず言っていられない

そう、「国家」も「個人」も「自己決定」などとおずおずと言っていられないのではないか。

筆者は、リベラルな価値の実現とは、最大公約数的にいえば、人々が自由に「自分らしく生きる」ための生を構想でき、そのために国家権力が奉仕すべく明確な法的・制度的システムによって公的権力をコントロールできている状態を指すと考えている。法による線引きが明示されていなければ、われわれはどこまでいかなる自由があるのかわからず、自由は萎縮で窒息する。

さて、このリベラルな社会を実現するためには、まずもって「個人の自律」が核心である。そのためには、「地域コミュニティ(共同体)の自律」、そして「国家の自律」が保たれている必要がある。

次ページ共同体や国家が自立しなければ「個」は「孤」に
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT