「世界経済、21年半ばにコロナ前回復」ドイツ銀

落ち込みからの回復は予想以上、潜在的問題も

 ドイツ銀行は21日、ここ数カ月の景気回復が予想以上だとして、世界の経済生産が2021年半ばまでに新型コロナウイルスのパンデミック前の水準に戻るとの予想を示した。写真は会社のロゴ。ロンドンで昨年7月撮影(2019年 ロイター/Simon Dawson)

[ロンドン 21日 ロイター] - ドイツ銀行は21日、ここ数カ月の景気回復が予想以上だとして、世界の経済生産が2021年半ばまでに新型コロナウイルスのパンデミック前の水準に戻るとの予想を示した。債務の拡大や政策の変更が金融危機のリスクを高める可能性があると指摘した。

経済分析のグローバルヘッド、ピーター・フーパー氏は顧客向けノートで「今年初めから春の新型コロナ禍による落ち込みからの世界経済の回復は予想以上のペースで進んだ」とし「第3・四半期の終わりが近づき、世界のGDPはコロナ前まであと半分くらいのところまできていると想定する。従来の想定より2四半期早く来年半ばには到達するとみている」と述べた。

今年の世界GDP予想は5月時点の5.9%減から3.9%減に、21年は5.3%増から5.6%増に引き上げた。

ただしこの先、多くの不確実性や潜在的問題もあると指摘。

米欧での感染第2波拡大への懸念や米大統領選が、経済の先行き不透明感を強めているほか、英国の欧州連合(EU)離脱問題が欧州のリスクになっていると述べた。

数年先とみられるものの金融政策の転換も問題となる可能性があると指摘。

「債務の拡大、必要な超緩和政策による資産の過大評価は、中銀が緩和スタンスを修正すれば世界金融危機になり得る深刻なリスクになる。インフレ上振れはこのリスクを高める」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT