貧困層とお金持ち「アベノミクス恩恵」の大格差

「格差が拡大した」との通説をデータで検証する

厚生労働省が3年ごとに実施している「国民生活基礎調査」によると、「子どもの貧困率」は、2012年=16.3%、2015年=13.9%、2018年=13.5%となっており、依然として7人に1人の子どもが「貧困状態」であることがわかっており、これも大きく改善はできていない。

ちなみに、国立社会保障・人口問題研究所が2017年7月に実施した「生活と支え合いに関する調査」によれば、「ひとり親世帯(2世代)」の約36%が食料の困窮経験が「あった」と答えている。食糧の困窮経験といえば「絶対的貧困」にも相当する深刻な問題だ。

法人統計によると安倍政権時代には約4割の経常利益が増えた。

<法人企業統計、経常利益、全社>……24兆2796億円の増加
2013年……59兆6381億円(全産業)
2018年……83兆9177億円(同)

輸出産業などは為替市場の円安効果もあったとみられる。一方、企業の人件費はこの7年間で196兆円から208兆円へとわずかな伸びにとどまっている(法人企業統計)。ここには正規雇用者と非正規雇用者の収入の格差があり、利益を上げた要素の1つに人件費を抑えたことが入っているだろう。さらに、企業は内部留保という形で400兆円を超える資金を貯め込んだ。

アベノミクスの成果で「消費」は増えたのか?

さて、安倍政権時代の「消費」はどうだったのか。各種の数字を見てみよう。

<家計支出>……7年間で8万6521円のプラス

家計の中で支出する金額「家計支出」が増えたかどうかを見る指標。家計支出には、生活に必要な「基礎的支出」と、それ以外の「選択的支出」がある。2人以上の世帯のケースで見ると……。

2012年
家計支出……343万4026円
基礎的支出……190万4710円
選択的支出……152万9317円

2019年
家計支出……352万0547円
基礎的支出……200万2085円
選択的支出……151万8463円

ちょっとわかりにくいかもしれないが、安倍政権下で家計の支出は8万6521円伸びた。ただし、食品や家賃、光熱費、保険医療といった必需品的な「基礎的収支」は9万7375円増加し、逆にぜいたく品的な選択的収支は1万0854円減少している。

実際に、日本の個人消費は2013年の第1四半期には297兆円程度だったのが、一時的に305兆円(2014年第一四半期)を超えたことがあったものの、コロナ禍が始まる直前の2019年第4四半期には295兆円程度となり、7年8カ月もかけた経済政策は個人消費を飛躍的には伸ばせなかった。

次ページ株価は1.3倍、不動産価格も都市部限定で高騰!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT