インド株式市場、2日連続の過去最高値

野党・インド人民党(BJP)が勝利するとの期待も

 5月12日、インド株式市場は2営業日連続で過去最高値を記録した。写真は株価指数の動きを見つめる人。ムンバイで2009年11月撮影(2014年 ロイター/Arko Datta)

[ムンバイ 12日 ロイター] - インド株式市場は続伸し、2営業日連続で過去最高値を記録した。4月7日から行われている総選挙で、メディアによる出口調査の結果が本日発表される見通しとなっており、投資家に配慮した政策を打ち出している野党・インド人民党(BJP)が勝利するとの期待が高まっていることが引き続き買い材料となっている。

SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)<.BSESN>は一時、2.52%高の2万3572.88と、前週末に付けた過去最高値の2万3048.49を上回った。終値は556.77ポイント(2.42%)高の2万3551.00。

NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)<.NSEI>は155.45ポイント(2.27%)高の7014.25で引けた。前週末に付けた過去最高値の6871.35を上回り、7020.05まで上昇する場面もあった。

内需関連株の上昇が顕著で、複合企業ラーセン・アンド・トウブロ(L&T)が3.3%、インドステイト銀行(SBI)が3.2%高で引けた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。