インド株式市場、2日連続の過去最高値

野党・インド人民党(BJP)が勝利するとの期待も

 5月12日、インド株式市場は2営業日連続で過去最高値を記録した。写真は株価指数の動きを見つめる人。ムンバイで2009年11月撮影(2014年 ロイター/Arko Datta)

[ムンバイ 12日 ロイター] - インド株式市場は続伸し、2営業日連続で過去最高値を記録した。4月7日から行われている総選挙で、メディアによる出口調査の結果が本日発表される見通しとなっており、投資家に配慮した政策を打ち出している野党・インド人民党(BJP)が勝利するとの期待が高まっていることが引き続き買い材料となっている。

SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)<.BSESN>は一時、2.52%高の2万3572.88と、前週末に付けた過去最高値の2万3048.49を上回った。終値は556.77ポイント(2.42%)高の2万3551.00。

NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)<.NSEI>は155.45ポイント(2.27%)高の7014.25で引けた。前週末に付けた過去最高値の6871.35を上回り、7020.05まで上昇する場面もあった。

内需関連株の上昇が顕著で、複合企業ラーセン・アンド・トウブロ(L&T)が3.3%、インドステイト銀行(SBI)が3.2%高で引けた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT