更新!「四季報」秋号に見るコロナ禍の注目企業

勝ち組から利回りのいいお得な銘柄まで網羅

四季報では毎号、ランキング特集を組んでおり、今号ではその一つとして、コロナ禍においても最高純益を更新する会社はどこか、更新率が大きい順にランキングを作成した。更新率の大きさに加えて注目すべきは、何年ぶりの更新であるかだ。久しぶりの場合は、変化の大きさや意外性という点で、インパクトがある。

たとえば1992年11月期以来、約18年ぶりに最高純益を62.9%更新見通しなのが、「ケンタッキーフライドチキン」を全国展開する日本KFCホールディングス。まとめ買い需要で客単価が上昇、デリバリーも拡大する。新潟を地盤に、ホームセンター「ムサシ」を運営するアークランドサカモトも、既存店がDIY関連や園芸、感染予防関連用品が伸びるほか、LIXILビバの買収効果も加わり、6年ぶりに最高純益を17.5%更新する見通しだ。

優待と配当で見る「実質利回り」のいい企業は?

また今期は業績が厳しくとも、株主に長期保有してもらうため、株主優待の質を落とさないと考える企業はありそうだ。そこで、優待を金額換算して算出した優待利回りと配当利回りを合計した、「実質利回り」の高い企業順にランキングを作成している。

優待でお米がもらえる優待などは、外出しにくい現状で、お得感があるともいえる。一方、レストランの飲食券や旅行・宿泊などに使える優待は、しばらく使い勝手に困ることがあるかもしれない。

いずれにしても、新型コロナの終息は、いまだ見えそうにない。目先が不透明の今こそ、現場取材とデータで業績予想の数字を積み上げた四季報秋号を、ぜひとも活用していただきたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT